赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京からJ1のなくなる日【浦和レッズ】2006J第17節FC東京戦の戦記

<<   作成日時 : 2006/08/13 13:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

いやあ、これが少し前なら、1stステージ優勝ですよ。
んでもってチャンピオンシップ出場権確定ですよ。
いや今や通過点に過ぎない試合ですけど、
区切りの試合としてそれだけ勝ちある1勝だったと思います。

東川口「むさし坊」でつけ麺。
ここのラーメン+辛子味玉は、
3度異なるスープが楽しめて好きなんですが、
暑い時は「ひや+ひや」のつけ麺がいいでしょう。

んで、店を出る頃に「ゴロゴロ」
いえ、決してお腹が中ったとかではありません。
雷様・・・

埼玉高速鉄道のホームについたとたん、
停電!
(ちょっとまてよ!このペースで話を進めていったら、
いつになったら試合にたどり着くんだよ)

小雨の中スタジアム到着。
南広場で数々のイベントをやっていました。
りそなはダーツ大会、妖星愚息はトランプとボールペンセットとリストバンドをゲット
埼玉信金は輪投げ大会、妖星愚息はレディアのジャンボ貯金箱をゲット
コカコーラはキックターゲット、妖星愚息はコーラとレッズのビニール袋をゲット
妖星さんはぜんぶスカでした。

んで、前日抽選のしきたりどおり・・・
一応、老体に鞭打って先発。
予告もなしに開門時間が予定より30分早まって、
先発隊一同大慌てでした。
しかし幼児を2人連れた親父!
わりこみスンなって!
それに先発に幼児2人って、潰されたらどうすんだ?

試合前は205ブロガーズポストの前で、
みんな雨宿り。
ポンデパンダ贈呈式やらなんやら・・・

いいかげんに試合は(怒)!!

躍動するレッズなにかに怯えるFCの戦い

代表に7人も選手を出す今のレッズは、
多少の事ではびびらない強さがあります。
代表で学んだことをすぐにチームに生かそうとする柔軟さと活力があります。
味方を信じてクロスをあげ、
味方を信じて後ろに流したところに、
その信頼に応えるべく、スキルの高い選手が走りこみ、
ワントラップでチャンスをものにしてくれる。
ボールは選手と同じように回り、
相手に的をしぼらせないうちに自分たちのスペースを作っていく。
甲府相手に見せたダメダメな点を、
自らきちんと修正して、常に主導権を握った戦いをくりひろげました。
代表に選ばれた自信が、
選手だけでなくチームそのものを「高み」にあげている感じって、
わかりますよね。

一方のFC、まあ退場者が出た不運もありますが、
ボールの展開がなく、球離れが悪いため、
すぐにレッズの選手につっかかってしまう。
パスやトラップのミスが多く、
自信を失ったかのような横パス・バックパス。
増嶋に代表される汚いバックチャージの連発。
(●●ったれコールの洗礼を一番受けたのでは?)

少なからず、原サッカーの時は、
「超攻撃的サッカー」を標榜しながら、
レッズ戦は「どんびき」からの「カウンター」を徹底して、
じれたレッズから勝ち点を掻っ攫っていく狡猾さがありました。
「やられた」感が強かったのが原サッカーともいえます。

今のFCには恐さとか不気味さがなく、
意欲やら闘志やらも感じられません。
なにがやりたいのかもよくわからず、
結局、偽ワシントンのヘディング頼みかと思ったら、
その偽ワシントンも引っ込める始末・・・

まあ、出島事件以来、
一部のガスサポ(兼代表サポ)に対して、悪印象しか持っていませんし、
敵チームに対してこんなこというのはなんですが、

FCは今なんとかしないと大変な事になってしまいますよ。
最悪の事態になってから「ガーロとフロントの責任」を言っても、時すでに遅しです。
W杯で失敗してから、ジーコや川淵に迫っても、
川淵は居座っているし、ワールドカップは4年後しかありません。
FCは傷が浅い内になんとかしないと・・・
まっ、余計なお世話ですかね。

反対側から見る限りは、
FCサポは人数は結構多かったにもかかわらず、
声は小さく、川崎、いや大分にすら負けてる感じ。
だから選手とサポの間の信頼感もどうなってんのかな?って。
試合開始前に団体でいなくなる奇妙な行動も続けているようですが、
出島のときよりも参加者が減って、
サポ全体の結束も弱まっているのかなあと・・・
でっかいガスサポ代表サポさんは、
すべての根源は監督として解任を訴えているようですが、
選手・フロント・サポ、全員が一度責任を見直してみなくっちゃ。
まっ、これも余計なお世話ですか。

とりあえず4−0の勝利。
これはとりもなおさず、モチベーションの違いでもあります。
浦和の7人はまた代表戦を挟む過密スケジュールになります。
心身のケアが心配ですが、
それはまた皆でフォローしあっていけばいいでしょう。

とりあえず幻の1st優勝おめでとう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガスを圧倒し首位奪還
Jリーグ第17節。2位の浦和レッズはFC東京と埼玉スタジアムで対戦。 私も久しぶりに埼スタまで観戦に行って来ました。 ...続きを見る
FREE TIME
2006/08/13 20:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おたくらは、自惚れ軍団だから・・・どこかで天罰が下るでしょう。
通りすがりに一言
2006/08/13 14:53
通りすがりに一言さん、はじめまして。
自分の愛するチームのことを、
強いといえる幸せをかみ締めていますよ。
でもまだまだ甲府や新潟とのこともあり、
叩かれるときは叩かれていますね。
良い時は良い。
悪い時は悪い。
それがいえるのがサポーターってもんだと思いますが・・・

天罰ですか?
ここまでに至る過程で、連敗記録だの最多失点だのJ2落ちだの、先に頂いてきましたからね(笑)
もう少し良い時を楽しんでも罰は当たらんでしょう(笑)
妖星
2006/08/13 16:22
Jリーグで優勝したわけではないのですから、「良い時」は、まだ、レッズには来ていません。ガスに勝ったくらいで浮かれずに、気を引き締めて、次の鹿狩りに集中しましょう!
苦節14年
2006/08/13 16:58
苦節14年さん、はじめまして。
おっしゃるとうりです。
1試合だけで踊っているとまたどんでん返しがありますから・・・
でも今はレッズの主力が、放課後にわざわざオシム塾で勉強している状態。
一日、一日の進歩が楽しみです。
代表がひとりもいない鹿は、
意地でくるでしょうね。
ジーコ枠で守られていた人たちに、
実力の差を充分に見せ付けて欲しいものです。
我々も頑張ってサポートしましょう。
妖星
2006/08/13 19:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

東京からJ1のなくなる日【浦和レッズ】2006J第17節FC東京戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる