赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼スタ最前列大作戦【浦和レッズ】2006J広島戦Hの戦記

<<   作成日時 : 2006/09/18 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
妖星さんたち、いつも北側の端っこの方でサポートを楽しみつつ、試合を楽しみつつ、お酒を楽しみつつ(試合中は飲みませんが)観戦しております。
時々は小さなお子様やほとんど素人のような人も混じりますので、端っこのほうがちょうどいいでしょう。
だから「超赤☆」ゲーフラは、決してBOYSさんたちのような、コアなところに近寄る事はありません。もちろん知り合いはたくさんいますから、別にコアな人たちと関係が悪いとかそういうことではありません。自分たちのスタンスにあった場所でやっているだけです。

ところが今回、前日抽選で仲間の引いた番号が一桁。
あぶなく前日抽選の当番をやるはめになりそうな番号。
でもその一桁を引いたラッキー親父が言いました。
「一度でいいから子供にサイスタの最前列で見せてやりたい。」
その言葉で妖星さんの長〜い一日が始まったのです。

だいたい長〜い間浦和のサポーターをやっていると、
「最前列」がどういう席かわかっています。
大旗が並ぶ風景をつくっている人たちの場所。
だから妖星さんたちが考えたのは、
大旗があがらない一番端っこなら迷惑をかけないんじゃないかということ。
んで先発。

(中略・・・にが笑い)

最終的に両端に6×2=12席を確保できたうち、
ホーム側の12席を選択しました。
やはり心配したとおり、そこは常連さんたちの場所だったそうですが、
まあしょっちゅう定位置観戦を邪魔するわけではないですし、
一応は抽選で得た権利を普通に行使しただけで、
あくまでもA自由席なので・・・

まあ得点後のハイタッチはふつうにその常連さんたちともしましたので、
お許しいただけたかと・・・(笑)

ただ、コーナーキックのたびに階段を駆け下りてきて、
TVに映ろうとする人たちがいて閉口しました。
その人たちが気になっているうちに、
目の前で決められた広島のコーナーキックを見ていませんでしたし。

さて最前列の感想を。
妖星さんはあまり行きたいとは思いません。
選手の顔は良く見えます。
コーナーキックでは選手が手で触れそうな錯覚をおこすくらい。
でも試合はあまりわかりません。
特に反対サイドは前後の距離感がないので、
センタリングやクリアーボールがどう上がっているのかがわかりません。
確かにTVや雑誌に大写しになっている人たちをみると、
一度は行ってみたいな。ってのもわかりますが、
本当にそれだけの場所。
サポートの熱さについては、(本当に一部の人をのぞいて)
妖星さんたちと50歩100歩のエリアです。

最後に大旗を持った方に、
「もう来ないかと思いますが、今日はご面倒を」と謝罪?しておきました。
苦笑いしながら「そう願いたい」とは言われましたが、
たぶん本当に来ませんてば(笑)
てか、来れませんてば(笑)
そのうち本当にそのグループの総本山に行ってみようとは思います。
(昔、代が変わる前はちょくちょくスーツ姿で行っていましたけど)

さて試合。
急にワシントンと啓太が欠場ということで、
ベストメンバーが組めない状態のまま試合に突入。
一時のメンバーを誰にするかぬか喜びしたのがウソのようです。
ワシントン頼みが顕著でしたが、
そのワシントンがいないとこうなるっていう試合でしたね。

実をいうと席取り合戦に疲れていたのと、
半分向こうが良く見えないのと、
TVに映りたがる人たちのせいで、
試合に関してはほとんど言える事がありません。
気持ちがテンパってたせいもあるんでしょうが、
ところどころ斑点状に記憶が飛んでいるところも・・・

どんな試合でも、
戦前に配られた檄
「優勝には今日の勝ち点3が絶対に必要だ」
のとおり勝ち点3を取れた事。
このことに尽きます。

次は前回苦汁を飲まされている「冷凍みかん」
その前の試合をキチンと勝てたことが今の強さなのでしょう。

さてよく話題にされる
「浦和後燃えつき症候群」
なんとなく原因はわかるような気がします。
相手にすれば、「浦和」に完敗すればまだあきらめもつくのです。
でも今の「浦和」はどのチームにも合わせてあげてしまいます。
いつもギリギリ、紙一重の力の差のようです。
そこで負けたショックと自分たちの実力の勘違い、
運良く勝ってしまったチームに至っては
「浦和相手に勝てたんだ。こんなチームに負けるわけがない」
これが「浦和後燃え尽き症候群」の原因です。
新潟や千葉は「こんなはずじゃない」と言いながら、
今や消し炭のようですし、
ダービー相手も簡単に見事な自滅で沈んでしまいました。
広島はどうでしょうか?

だから清水さん、今年の浦和は恐いよ
(違った意味で・・・)

〔2006・9・17 J第23節S広島戦 ○2−1 (埼玉スタジアム)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最前列作戦
いつもは撮れない選手の写真や 子供たちが喜んでくれた事が収穫でした。
常連さん方、 一夜のみお邪魔いたしました。

酔いどれ
2006/09/18 20:32
ごくろうさまでした。
疲れましたね(笑)
妖星
2006/09/19 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

埼スタ最前列大作戦【浦和レッズ】2006J広島戦Hの戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる