赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS えんや〜とっと【浦和レッズ】アビスパ福岡戦Hの戦記

<<   作成日時 : 2006/10/16 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

まず皆さんにお詫びしなければなりません。
レッズのあの失点、妖星さんの責任です。
もうしわけありませんでした。

だって、ぽかぽかとした昼下がり。
ひさしぶりの駒場のバックスタンド。
まったりと座って観戦していたら、
「えんや〜、とっと、えんや〜、とっと。」
って向こうの出島から聞こえてきたんです。
もう無意識に声を出して歌ってしまいましたよ。
「海はよ〜、海はよ〜、おやじの海はよ〜」
いやああれだけの観衆を前に、
アカペラで演歌を歌うのって最高に気持ちいいですね。
世の中の嫌われ者、
「野次ラー」「指示ラー」をはるかに凌駕する「歌手ラー」妖星さん!

んな油断しているもんだから、ボコって決められてしまいました。

でもあっちの選手
「えんや、とっと」が始まったら、いきなり元気になって、
どわっと攻め込んできましたから、
効果抜群のサポートコール
どこかのなさけないチームの「わっしょい」とはぜんぜん違います。
あの「えんや、とっと」がもっと早い時間に出ていれば、
勝敗の行方もわからなかったかも知れません。

だけど、よく考えたら、「おやじの海」は「えんや、とっと」じゃなくて
「ヨイショ、ヨイショ」だったんですね。
「えんやーとっと」は「松島〜の、さあよ〜お、瑞巌寺・・・」
まっ、いいか。

試合は怪我人も印度組もみんな出たがって、
結局伸二がサブ以外はみんな出場。
もうその闘志がひしひしと伝わってきました。
最初っからどんどん飛ばして、
高い位置でボールを奪って、
まったく負ける気配がありません。
芝の状態がよくないので綺麗にパスが回ることは少ないですが、
早めの展開で相手にスキを与えません。
バテなきゃいいけど・・・
でも涼しくなってからのキャプテンは完全体。
すごいです。
あれでシュートの精度がよければフリーザを越えてます。
(いやなんのこっちゃ)

んで後半勝負のアビスパと慢性疲労でバテ気味のレッズ
選手交代も微妙なアヤを生んで、
じりじりと相手にボールを支配され始め、
やべえ!

まっ、勝ち点3は戴きましたから。
次の川崎戦で1つでもいいから勝ち点を伸ばすことが出来たら、
ガンバとマッチレースになります。
最近、試合を支配しながら勝てないガンバに対し、
完全に支配しきれないながら勝ち点を拾い続けるレッズ。

そういえば、昨日のスタジアム
回転式の広告は「Vodafone」
電光式の広告は「Softbank」でした。
新旧交代は進んでいます。

ところで先に「えんや〜とっと」と聞こえていたコール、
実際はなんて言ってたんでしょうね。
「博多の男なら〜」が「裸の男なら〜」に聞こえた妖星さんですから、
きっとなんかの空耳なんでしょう。
でも
「博多の男なら〜」が「朝霞の男なら〜」に聞こえた酔いどれさんよりは、
ましだと思います(キッパリ!)

んで最後は、アビスパの横断幕

「残留」・・・・・・・・・・・「独立」

どっちやねん!
(ってわかってるんだけどね)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「朝霞の男なら〜」「あそこの男なら〜」
なんて、しっかり超赤星アイロン掛けて来てください。
サテライトよろしく!!
酔いどれ
URL
2006/10/18 00:29
近くで(西)で聞いたときには博多の山笠の掛け声の”オイサ、オイサ”に聞こえましたが・・・
この記事参考ですhttp://www.nishinippon.co.jp/media/news/0206/yamakasa/kiji/kiji03.html
マッチ箱の家茂
2006/10/20 19:34
「オイサ、オイサ」だったんですか。
確かに福岡ですもんね。

無知ってのは嫌ですねえ。
思いっきり空耳でした(笑)
妖星
2006/10/21 09:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

えんや〜とっと【浦和レッズ】アビスパ福岡戦Hの戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる