赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 惨劇のバレンタイン【浦和レッズ】赤牛カップの悲劇

<<   作成日時 : 2007/02/14 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

保険のおばさん、
飲み屋のオネーちゃん、
もういいしょ?
虚礼廃止でいきましょ。
その義理がむやみに高いものについたりするんです。
もう騙されませんから。

んで、バレンタインといえば、
妖星さんが思い浮かぶのはあの映画。
デニース・リチャーズ出演(主演ではないよ)のホラーです。

いいですねえ。デニースのあのタラコ唇。
半開きの表情がたまらなく魅力的で、
童顔と正反対の成熟しきった身体・・・
オヤジ心をくすぐります。

・・・

なに現実逃避してるんだ?

ブルズカップはどうした?

実をいうと、スカパー新セットに移行したものの、
スカパーのリモコンが見つからず、
朝4時30分からリビングでリモコンの発掘。
結局、リモコンがなくて、衛星切替ができず、
ブルズカップを見られませんでした。
単なる早起きで掃除好きのオヤジになっていたバレンタインの朝・・・

まっ、そんな出来事も,
レッズを襲った惨劇に比べれば、
たいしたことはありません。
結局、朝っぱらからザルツブルグの悲劇を見ずに済んだのは、
運が良かったのでしょう。

なにかの呪いで2点も献上したのを手始めに、
ザルツブルグに封じ込まれ、
バイエルンMにはやられたい放題だったとか。
海外クラブ相手に戦力分散の戦い方が裏目だったんでしょう。
血祭りの惨劇、まさにホラーな闘いがそこにあったそうな。

でも、ホラー好きで自虐趣味の妖星さん、
絶対再放送で最後まで見届けてやろうと心に決めたバレンタインの朝でした。

それにしてもあの血祭りに参加していなかった赤星はいったい何があったんでしょう。

んで、結論
ターンオーバーは女もサッカーも楽じゃない。
チョコの数をえばっているオヤジ諸氏、
肝に銘じておくことですな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
これをセントバレンタインの悲劇と名付けましょ。赤星は敵前逃亡でたらこ唇にいかれていたとか。ネネはいずこへ。しかし、岡野のキャプテンマークはしゃれですか。
見沼鰐ちゃん
URL
2007/02/15 01:22
これでアジアで全く通用しなかったりしたら、日本サッカー界のためにもシャレにならない。
kiki
2007/02/16 00:59
わにちゃん、録画で確認しますけど、本当にどんな戦いだったんでしょうね。赤星とネネは怪我でもしたんでしょうか?

kikiさん、「レッズは強い!日本では・・・」
そんなこと言われないよう頑張ります!
妖星
2007/02/17 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

惨劇のバレンタイン【浦和レッズ】赤牛カップの悲劇 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる