赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 守は攻なり【浦和レッズ】墨攻から学ぶ

<<   作成日時 : 2007/02/19 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

10万の兵に対し、わずか4000人で国を守った話。
そう「墨攻」
墨家による「守」は、10万の兵にとって「攻」だったわけです。

外人もおらず、レギュラーも怪我人だらけ。
かさにかかって攻めてくるガンバ大阪に対し
守勢に陥る浦和・・・

なんか天皇杯決勝を思い出してしまいました。

ドン引きサッカーが「墨攻」となるか、
単なるドン引きで終わるかは、
チームの中に「墨氏」がいるかどうかなんでしょう。
でもやはり本質的に墨家の兵法は非攻の兵法。
浦和には似合いません。

オジェック新監督、
かなり速いサッカーを指向しているようで、
「疾風迅雷」とでも言いましょうか。

「墨攻」であり、なおかつ相手を圧倒する強さ。
スパーカップではまた違ったレッズが見られるでしょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
疾風迅雷・・・
万博では常にこの垂れ幕を見ましたね
元日本代表のCAPの応援垂れ幕だったのですが何故彼が疾風迅雷?と以前より疑問に思っていました
レッズに差し上げます(笑)
勿論その選手でなく疾風迅雷を
ヤン
2007/02/22 01:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

守は攻なり【浦和レッズ】墨攻から学ぶ 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる