赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 外人になめられる顔?【浦和レッズ】ACL予選上海申花戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/04/25 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

上海の空に「浦和」のコールは響いていました。

「あの人」の存在以外はアウェーであることを感じさせない闘い。
やはり推定3,000〜4,000人
入場者数6,000人の過半数を超えています。
上海でもホームジャック。
レッズサポはアジア最強のサポです。

ただ選手は川崎F戦の時と変っていませんでした。
前半の元気なときに点を取りきれない悪癖。
一見連動しているようで、ゴール前で失速。
シュートになかなかつなげることができません。
中盤でパスミスやキープミスを連発しては、
みずからリズムを崩してしまいます。
ましてや「あの人」は青いフィルターをかけてサッカーを見ています。
決められるときに決める。
決定力のなさが気になります。

DFラインは4バックから3バックへの変更など、
システム変更もありましたが、
さすがに危ないシーンがあっても、
それはなんとか防いでました。
しかしあれだけ坪井が目立っちゃいかんでしょ。

ホームの上海戦と違ったのは、
アベユキのヘッドが決まったか、決まらなかったか。
川崎戦と違ったのは、
上海のFWに決定力があるか、ないか。

ワシントンが不調で、
永井が怪我。
閉塞感が漂うFWですが、
若手を試してみましょうか?
ね、オジェックさん。

前節のブラックヤマちゃんは、
今日もブラック気味にパスミスしていましたが、
それでも随所にいい上がりを見せ、
長谷部や坪井とも上手く絡んで、
ホワイトヤマちゃんの兆しを見せていたのです。
それが「あの人」のせいで、
レッドヤマちゃんに・・・(怒)

(なんであれがイエローやねん!)×2
てか、ブラック・ホワイト・レッドって、
チームカラーやん!

しかし山田のスローインでレッドは二回目です。
前回は10年以上前、
95年のJリーグ(日本平)。
スローインのポーズの最中に、
立て続けにイエローを取られて、レッドカード。
理不尽なカードに泣きそうな暢久が印象的でした。
確かあれはJリーグが招聘した外人審判(ペレス)。
外人に目がつけられやすい顔なんでしょうか?

10人になってからも、
平川→長谷部のヘッドなど惜しいシーンもありましたが、
結局はドローで勝ち点1。

ペルシク vs シドニーは当然シドニーでしょうから、
かろうじてまだ1位はキープしてるでしょう。
ということは、
退場者を出しながらも勝ち点1を取れたのは大きいですね。

とりあえず最後まで気を抜かず、
無事帰ってきてください。

次も異国の鹿島です!

〔2007・4・25 ACL予選 上海申花戦 (上海源深体育場)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、あの『日本平ペレス事件』が脳裏をよぎりました。
しかし・・・暢久は気の毒でした。今回も泣きそうな顔をしていましたね。
次節、鹿国攻めの審判が、まさか3年連続「あの人」だったりしたら・・・もう笑うしかないですね(^^;
nigoe
2007/04/26 10:23
いやあ、今度はスカッと勝ちましょう。

鹿の国は上海以上にアウェーですからね。
妖星
2007/04/26 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

外人になめられる顔?【浦和レッズ】ACL予選上海申花戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる