赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 信頼を裏切るという罪【浦和レッズ】2007J第9節J千葉戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/05/04 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

エメルソンがいた頃、
相手が勝手に10人になってくれるなんてしょっちゅうで、
そういうときにガチガチに引かれてしまうと、
エメ頼みでは打開できないなってことが良くありました。

考えてみたら、
今のチームになって相手が10人になることなんて、
そうあることではなく、
10人相手に闘い方の確認をする前に、
ちょっとした心の隙を突かれて失点。
そのあとは圧倒的に攻めながら、
得点できず引き分けてしまいました。
チャンスはたくさんあって、
いつか突き放すことを信じて声を出していましたが、
あれだけ決定機を微妙に大胆に外し続けると、
勝利の女神はそっぽを向いてしまいます。
千葉の立石(親父の聖地)が当たっていて、
それを崩せなかったということだけじゃないでしょ。

負けたわけではないのでブーイングするほどのことはありませんが、
でも負けたに等しい感情。
新潟や大分で味わったあの気持ちを、
まさかホームで味わうとは思いませんでした。

これでホームで2戦不勝。
レッズにとっては屈辱的ではあります。
唯一の救いといえば、
上位陣が総崩れしたということ。
そういうめぐりの日だったんですかね。

そうそう屈辱的といえば小野伸二。
気持ちは良くわかります。
囲み取材に参加した方からその事実は聞いていましたが、
新聞に格好のネタを与えてしまいました。
ワシントンのことも含め、もっと話し合いが必要でしょう。
監督と選手に信頼がなければ、
チームは強くなりません。

んでもうひとつの信頼を裏切る事件。
バカヤローによる卵投込み事件。
社長がレッズサポを信頼して、
緩衝地帯の幅を狭くしている中での愚行。
レッズが負けることを想定して卵を持ち込む確信犯。
レッズサポでもなんでもなく、
傷害事件の犯人でしょう。

最近、南の空気が変ってきているようですが、
そんなことが関係していなければいいのですが。
おそらくは周囲に仲間がいるはず。
自浄作用が働かないなら、
緩衝地帯から1ブロックは、
ファミリー席にする必要があるかもしれません。


さて試合の後の「あの方とあの人の2次会」
総勢34名もの大宴会になってしまいましたが、
参加された皆さん、どうもありがとうございます。
「犬肉」を喰うはずでしたが、
どうやら生肉だったようです。
次は夏ごろにできたらいいですが、
その時までに「誰」と「誰」の結婚式か考えておいてください。
あのブーイングの嵐だった「出し物」は、
著作権はありませんので、
適当にお使い下さい(笑)

〔2007J第9節 J千葉戦 △1−1 (埼玉スタジアム)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
試合よりも 妖星さんへの ブーイングは凄かった。
お疲れ様でした。
酔いどれ
2007/05/04 17:52
昨日はお疲れさまでした。

著作権はなくても肖像権はあるかと思われ、
動画のアップは見送らせていただきますwww
K.TAKA
URL
2007/05/04 18:50
酔いどれさん、お疲れ様でした。
まったくひどい連中です(笑)
しかし30人のブーイングがあれですから、
選手がうけたブーイングはすごいモンなんでしょうね。

K.TAKAさん、mixiに上げといてください。
妖星
2007/05/04 20:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

信頼を裏切るという罪【浦和レッズ】2007J第9節J千葉戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる