赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 控えの虫干し?【浦和レッズ】A3山東魯能戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/06/08 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かなり希望的なスタメンを予想したところ、
内舘とポンテを除いてはほぼ希望通り。
まあ中国No1に対して、どこまでやるかお手並み拝見って感じでした。
といっても寝オチしてて、前半30分からの観戦。
寝ぼけ眼で見たのは山東の同点ファインゴール。
偉そうなことはいえません(涙)

やはり実戦感のない選手がああもそろっていて、
やたらでかくて強いのが相手になると、
ポゼッションサッカーなんてどだい無理なんですね。
そこここにいいプレーはあるものの散発的で、
相手のフィジカルの強さにずるずる下がってしまう感じ。
パスも中々回らず、
前線も守備に入ってしまうようでは、
とても勝てる雰囲気はありません。

暑さ・腐海の瘴気・珍しいアウェー

いや「若手にチャンスを」ってことなら、
1−4でも3−4でもいいんです。
最後までそれを通してくれれば。
代表組が戻ってくる次の試合以降に、
しっかりと勝てば(勝てるか?)いいんですから。
でも本当の若手は堤だけ。
控え選手の虫干しにしか感じられなかったのが残念です。
んでポンテやワシントンを中途半端に使い、
結局中途半端に勝ちに行って、
失点を重ねたのは気に食わないし、
そのことが結局、
ベテラン(岡野を除く)に対し、
引導を渡すような感じになってしまったことが、
3−4という得点よりも重く感じられました。

最後、足の止まった(岡野を除く)ベテランを見ていると
「もうちょっと環境のいい場所で使って欲しかった」って気持ちと、
「なんでもっと若手をつれてってやらなかったんだ」って気持ちが、
相克して、複雑な気持ちになります。

収穫は達也と堤
特に達也は90分やれたことで自信が戻ってくると思います。
あと堤。
Jでの出番はありませんが、国際経験はそれなりに積んでいます。
なんか楽しみです。

危惧すること・・・
ワシントンが入って2点取ったこと。
それはそれで嬉しいのですが、
オジェックの中のワシントン依存がますます強まりそう。
流れるようにボールが動くサッカーはちょっと先になりそうです。

ペットボトルも紙パックも持ち込めなかったサポーターの皆さん、
とりあえず生水だけはダメです。
あと2試合よろしくお願いします。
〔2007・6・7 A3 山東魯能戦 ●3−4 (山東スタジアム)〕

今日(6・8)、大谷・坂本・西澤・赤星・中村・セルヒオがユースに交じって、
いやユースが交じって、平成国際大学と練習試合を行ったそうです。
結果はともかく、赤星・中村・セルヒオが帯同しなかった事に関しては、
とても不満と不安がいっぱいです。
オジェックのそういった体質は昔から変っていないんですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

控えの虫干し?【浦和レッズ】A3山東魯能戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる