赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 挑発に乗ってモタ【浦和レッズ】A3城南一和戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/06/11 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここんところ、勧告チーム相手にまともにサッカーできてません。
「どうして韓国ってのはああいう国なんだろうね」って書こうとしたけど、
よく考えたら乱闘始めたのはモタなんですね。
あまり韓国人関係なかった(笑)

モタ、PK蹴る!
都築、はじいて、即確保。
そこにモタ、突っ込んできて転ぶ。
都築、モタに向かって怒る!
モタ、起き上がれず、聞いている。
そこに闘莉王「・・・・・・」
モタ、急に起き上がり、闘莉王に突進。
ホリ割ってはいる。
審判、間に入って、モタを突き飛ばして離す。
後ろの方で後から来た韓国人と啓太・萌らが一段となって小競り合い。
なぜか都築は急に冷静。
モタ、レッドで退場。

さてここで問題です。
闘莉王はポルトガル語でモタに対して何かを言いました。
なんといったでしょう?

1.「騙して取ったPKが入るわけねえよ!」
2.「お前キムチ食いすぎて臭い!」
3.「モタ!もたもたしてんじゃねえ!」

こほんッ!

後半、ぱったり足が止まって防戦一方だったレッズ。
基礎体力の違いなんでしょうかね。
いくら体温に近い熱波とはいえ、
それは韓国も同じ条件ですから。
あれだけ動かず、あれだけミスを繰り返していたら、
いずれやられそうな嫌な感じでしたが、
案の定、審判の帳尻合わせのようなPKの判定。
闘莉王の絡みはファールではなさそうでしたし、
仮にアレがファールでもエリア外。
都築のゴッドセーブで事なきを得ましたが、
当事国以外の審判とはいえ、
中国チームを優勝させるには、
両チーム引き分けがおいしかったんでしょ?
モタの退場で山東が有利になりましたしね。
こうなったら日本の審判には、
城南びいきの笛を吹いて欲しいモンです(笑)

それにしても交代で入った暢久キャプテン、
入った途端にバテてたような気がしたんですが、
そりゃないでしょうよ。

TV東京の中継、
前半は録画で、後半は生という面白いパターン
CMの多さに「つくし」の顔を見るのも嫌になってしまいましたが、
でもいいんです。

中継してくれるだけありがたい。
現地で戦っている仲間を見るだけも勇気が出てきます。

ACLで当たるかどうかわかりませんが、
機先を制したのは事実。
それにしても韓国アウェーが厳しくなりそうな乱闘騒ぎでした。

次はもうおなじみの上海申花。
でもやはりACLとはメンバーは変わっているようです。
ここにすっきりと勝って、他力本願の優勝を狙いますか?
それとも山東と城南の試合結果を見て、
スタメンを考えますか?
とりあえず瓦斯戦もあるんで、
気温と大気汚染と渇水に負けないよう、
頑張ってください。

まだ出てない選手も使って欲しいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

挑発に乗ってモタ【浦和レッズ】A3城南一和戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる