赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 広がった死闘の傷跡【浦和レッズ】7J第31節名古屋G戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/10/29 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

レディースからトップへのはしごは2度目。
前回は駒場からサイスタ。
今回は鴻巣からサイスタ。
裏道を走って1時間弱。

ぬまちゃん、ありがとう。

180分立ちっぱなしでも腰が爆発しなくなったのは、
ジムでのんびりメタボ対策しているおかげかな。
でもはしごしたときってあまり成績がよくないかも・・・(苦笑)

サイスタにつくとそのまま、
ブロガーズシートに直行。
居酒屋酔いどれは酔いどれマスターの体調不良により、
居酒屋元老院になっていました。
親父の聖水「金宮」ありがたいもんです。

んで、となりのシートでは、
「イランでオフサイドラインを突破する婦女子の会」
サングラスをかけ、
黒い布を頭からかぶり、
黒い布を体に巻いた婦女子が10名弱。
ちょっと不気味というか、
どうも爆弾テロでも仕掛けられそうな・・・
みなさん、お似合いでした(笑)
(フォローになってない?)

んでブロガーズシートで始まった「イラン遠征」に向けての寄せ書き。
あまり気が利いたことを書けませんでしたが、
「念」だけは込めておきました。
ちなみに「一発やろうぜ!」を、
「一発やらせろ!」と公衆の面前で、
大声で呼んだ妄想気味のこの方は、
一応黒装束でイランに行くそうです。

とにかくアウェーゴールをよろしく!

205ゲートあたり、とにかく訳のわからないまま、
異常な混み方になっていましたが、
また懲りずに差し入れお待ちしております(笑)
特に「イラン名物赤○」とか
「イラン名物赤い○人たち」とか・・・
(知識がないなあ)

んでこんなフラグ立ちっぱなしの中で、
行われた名古屋戦・・・

死闘の傷跡が深く残る中、
「永遠の中位力」が相手でしたが、
本当に死闘の傷跡をぐりぐりとえぐるような内容。
先日の闘莉王に続いて、鉄人暢久が足を悪化させ、リタイア。
ワシントンはゾロマスクをみずからはぎ取り、
闘う姿勢を見せましたが、
守備固めの内舘に交代。
シュート数わずかに4本。
スタメン全員がお疲れモード。

そんなぐだぐだな中でも、
価値ある勝ち点1を奪い取ったのは、
浦和が強くなった証拠でしょう。

だけど今のチーム状態ではあれがせいいっぱい。
無理して勝ち点を取りに行けば、逆に勝ち点を得られないばかりか、
ACLアウェーに響いてきます。

ワシントンはあの選手交代を怒っているようですが、
マスクのない状態でもう一度、名古屋の選手と競り合ったら・・・
だから大事をとって交代させたんだと思いますよ。
不協和音だとか反乱だとかあおるマスゴミはこのさい無視して、
ワシントンにはイランでフル活躍してもらいましょう。

しかし城南戦で全身がつった阿部や暢久を使わなければならない選手事情。
ターンオーバーなんて夢の夢。
選手の消耗を見ているとオジェックに選手生命を削られているような気がしてきます。

さてこれから浦和は川崎(5位)・清水(4位)・鹿島(3位)と上位陣との激闘が続きます。
簡単には勝たせてもらえない相手ばかり。
一方のガンバは千葉(10位)・東京(11位)・神戸(12位)と目標を失った中位チームばかり。
追われる立場としては嫌な相手。
追う立場としては申し分ない相手ばかりです。
ただ昨日の勝ち点1のおかげで浦和は若干ですがゆとりができました。
そう考えるとまさにターニングポイントだったかもしれません。

さて川崎の皆さん、
妖星、ナビスコカップ決勝は絶対に川崎を応援しますから、
もしナビスコ優勝したら、
次節はジュニーニョとか大世とか中村とか谷口とか箕輪とか休ませてくれません?
大丈夫ですよ。
前にもやったことあるし(殴)



〔2007・10・28 J第31節名古屋グランパス戦 △0−0 (埼玉スタジアム)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。中村は出場停止みたいですよ。それにしても7-0勝利でカレー券もらいまくりとは??マギヌンにいたっては2枚で退場・・・これは残念ながら7日の天皇杯で消化されるみたいですけど、どんな試合だったんでしょうか?
nino
2007/10/29 22:56
ninoさん、はじめまして。
まったく面白いチームですよね。
7−0なのに退場するほど、
むきになることがあったんでしょうか(笑)
天皇杯で消化されるのは知りませんでした。
主管が違うので関係ないと思ってました。
まあ、相手がどうであれ、勝たなきゃいけないわけですけど(笑)
妖星
2007/10/30 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

広がった死闘の傷跡【浦和レッズ】7J第31節名古屋G戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる