赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 宴会300回相当【浦和レッズ】07J第28節大分戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/10/08 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「その時の出会いが・・・」
なんて、妖星家のトイレの色紙ではありませんが、
駒場の後の「ねぎの会」
61人−1+2のレッズサポが集まって大宴会。
初めての方も多数いて、
また新たな出会いに感謝した次第。
といっても名前と顔がすぐに一致しないのがオヤジのデフォ。
ミクシの方はぜひメッセージくださいな。
あっ、妖星のハンドルネームに異論がある人は除きます(笑)

んで、妖星さん、考えてしまいました。
駒場に来た赤サポさんたち約18,000人。
とお知り合いになるには・・・
ねぎで300回も宴会できる(殴)


ひさしぶりの駒場は、
やっぱりなにもかもが懐かしいですね。
たくさんの思い出が詰まっています。
チケットの数や荒れた芝など、
問題はありますが、
平日夜や天皇杯などでもいいので、
駒場開催はぜひ続けて欲しいと思います。

暢久の替わりに永井を入れて、
坪井のかわりにネネを入れてきたオジェック。
いよいよターンオーバーというよりは、
どうも疲労と怪我人対策ですが、
かなり攻撃的になりました。

3・4・3?
でも実際はワシントンと達也の2トップ
永井はそのまま暢久のかわりでした。
この永井が両刃の剣でしたね。
圧倒的な攻撃力で先制点をアシストしましたが、
献身的な守備は期待できるわけもなく・・・
ネネは普通に出来ていましたから、
やはり能力の高い選手である事は間違いないんでしょう。

試合はそうそうにワシントンのゴールでレッズが先制したものの、
その後はあんまりチャンスはなし。
どちらかというと大分ペースで進んでいきます。
なんかこのまま行くのかなあなんて、
スタジアムがまどろんだような雰囲気に包まれだした時、
セットプレーから藤田に合わされて失点。

その後は1進1退の攻防に感じられましたが、
大分のシュートはアリバイ的なものが多く、
それほどの驚異は感じられませんでした。
むしろスローインからロビーの意表をついたノールックセンタリング、
ワシントンのDFを背負ったトラップからのシュート。
あっという間に勝ち点3を引き寄せてしまいました。

妖星さんの推測では、
疲労の色の濃い暢久に変えて永井を出したのですが、
たぶんドワーッと攻撃的に行って、
先制したら永井に変えて暢久って算段だったんじゃないですか?
そしたらあまりにも早い先制(笑)
替えるチャンスをうかがっている内に試合終了・・・
達也に替えて内舘、守りに入ったと思ったら、
ロビーに替えて岡野。
このへんが素人には理解できないオジェックマジックなんでしょうね。

ボーイズマッチの審判よりもへたくそなジョージ君、
あいかわらず不可解なジャッジが多かったですが、
それでも赤紙・黄紙を乱発することなく、
なんとか嵐を乗り切ることができました。
残り6試合、
対戦相手とACLの具合を見ながら、
イエローロンダリングしないといけません。

残り6試合。

下位との戦いが多いガンバに比べると、
上位との戦いを残すレッズ。
追ってくるチームがある限り、
絶対に負けられない戦いが続きます。

とりあえず揖斐茶さん、代表には呼ばないで下さいね。

業務連絡
ねぎの会でお会いした方で、mixiをやられていない方、
妖星名刺のメールまでお知らせ下さい。
招待状を送ります。
よろしく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
残り少ないですが、頑張ってほしいですね
長田ドーム
2007/10/09 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

宴会300回相当【浦和レッズ】07J第28節大分戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる