赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS フラグの立たない鹿は不気味だ【浦和レッズ】7J第34節鹿島戦の展望

<<   作成日時 : 2007/11/23 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガンバはね、
連勝Tシャツだとか、
USJでパレードだとか、
ACLユニの新調だとか、
いろいろフラグを立てて自滅するチームだからいいんです。
まあそれが関西チームの特徴ってか、
ほらお笑いのノリ。
大阪人2人いれば必ず1人がボケるってやつ。

浦和はその点、
勝利がわかっていてもそんなフラグは立てません。
記念グッズだって、勝ってはじめてお披露目ですから。
作っているのはわかっていても誰もそんなことは言いません。
それがフラグを立てないということです。

んであさっての相手の鹿島
まだ優勝の目が残っています。
最終節3位争いでACL出場もかかっています。
いつもならぼちぼち10冠だの、
ACLだのあおりが入ってくる頃です。
でも・・・
ありません
淡々と浦和戦を迎えようとしています。
不気味です。
ちょっと練習を非公開にしちゃったくらいです。
マスゴミがあいかわらず10冠ってあおるぐらいです。
こんな静かな鹿島はちょっと不気味です。

あまりにもたなぼだで2位になったから、
まだ現状に追いつけていないの?
あまりにも栄冠から遠ざかっちゃったから、
あおる言葉を忘れちゃったの?
むしろ、うちらの方が入れ込み気味?

いや、こっちは連戦・連戦で暖機しすぎ(笑)
向こうはまだエンジンすらかけてない状態。
だから引き分けでもいいとかじゃなく、
一気に勝ってしまいましょう。

ホリも暢久もまだ戻らず、
啓太がエリカになったとか、
ハセがねんざででれないかもとか、
サイドを誰がやるか決まってないとか、
本当に良くないニュースはたくさんありますが、
でもそんなことを乗り越えて今があるわけだし、
いちいち気にしてもしょうがありません。
相手がほぼベストメンバーだって、
闘ってきたものが違うので仕方ありません。
今の浦和の状態は、
すべてを手に入れようとしたものの宿命。
乗り越えてこそCWCに胸を張れるというものです。

ハセは何とかなりそうだし、
伸二も戻ってこれたらしいし、
まあ、闘える陣容であることは間違いない。

さて、明日。
サイスタの地で栄光をつかみましょう。
鹿の目の前で栄光をつかみましょう。

「PRIDE OF URAWA」

その言葉と共に。


しかし、ガンバはマグノいなくなっちゃったんだって?
関西のボケ芸もここまでいくと・・・
起死回生の脱力芸ってことはないよね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

フラグの立たない鹿は不気味だ【浦和レッズ】7J第34節鹿島戦の展望 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる