赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS ピッチの妖精、庭田亜樹子【レッズレディース】07なでしこTASAKI戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/11/26 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ビーチの妖精って言えば浅尾美和
コートの妖精って言えば栗原恵
グリーンの妖精って言えば上田桃子
リンクの妖精って言えば浅田真央
んで、ピッチの女王って言ったら、
もうなにがなんでも、我らが「INA」庭田亜樹子です。

・・・居酒屋の妖星(殴)

んでそのアコが前節に続いてのゴール。
それもあの小さな体で、
柳田のクロスにどんぴしゃりのヘディングゴール。
やっぱりゴールは身長じゃないっすね。
生涯初のヘディングゴール(笑)

浦和に来てからしばらくは1ボランチで使われ、
途中で交代させられたり、
出るチャンスがなかったり。
ドリブルを好む選手が多い浦和の中で、
ワンタッチパスが得意なアコ。
はじめのころは周りの選手と会わなかったんですが、
西が丘のベレーザ戦途中出場したあたりから、
高橋彩子とのダブルボランチというより、
縦に並んでむしろトップ下に近い位置で使われはじめ、
自らもゴールに絡むようになって、
今は不動のトップ下。
チャンスメークだけじゃなく、
豊富な運動量で、守備から攻撃まで幅広くカバーしています。

小柄なくせにフィジカルが強く、
かわいらしい顔をして、
相手を削りに行く度胸(笑)

サポの声援には「はにかむ」か「つんでれ」の2パターン(笑)

今年の新入団選手、矢野・土橋・庭田・堀田。
みんないいですね

んで試合はその庭田のゴールが決勝ゴールとなって、
1−0で首位のTASAKIに快勝。
ベレーザの結果しだいという感じではありますが、
優勝戦線にかろうじて残ることができました。

んで、試合後のアコ。
ヒーローインタビューは「はにかみ」モードでした(笑)

最低だったことは、
妖星が肝心の試合に体調不良で参戦できなかったこと!
「INA」のゲーフラが泣いているぜい!

んでチームNIWATAのメンバーのために、
ユニバ時代のアコのエピソード

「キャプテンは、庭田(亜樹子 MF L1・FC高槻)を指名しました。庭田は、腰痛でしばらくL・リーグに出ていなかった時期があったんですが、5月の選考合宿に『リハビリ中でもいいから来てほしい』と呼びました。私は、表立ったリーダーシップや経験よりも、黙々と頑張ることで、ほかの選手もそれを見て頑張ることができるタイプが好き。どんなに厳しい状況になっても、最後まで足を止めずに頑張れる選手をキャプテンにしたかった。それが私にとっては庭田でした」


初戦のチェコは、まったく相手の情報がない状態だったが、幸い試合開始50秒でキャプテン庭田のゴールで日本が先制する。
「相手のキックオフから、すぐに奪ったボールをサイドにはたいて、ボランチに戻した時に、相手選手がそれぞれマークに入ったんです。そうしたら、庭田の前がそれこそ“モーゼの十戒”のようにスーっと開いたんです
 ぬかるんだ、難しいグランド状態。本田が「アコ(庭田)、打て!」と叫んだ瞬間、ワンプッシュして、およそ30メートルの距離から振り抜いたミドルが決まる。

ええ話やなあ(涙)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

ピッチの妖精、庭田亜樹子【レッズレディース】07なでしこTASAKI戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる