赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の失速、浦和って奴は…【浦和レッズ】07天皇杯4回戦愛媛FC戦の戦記

<<   作成日時 : 2007/11/29 13:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

国内戦勝てない記録と点とれない記録
目下ちゃくちゃくと更新中の浦和です。
もう試合ごとに寒さがつのります。
冬です。
吹雪いています。
妖星さん、あまりの寒さにお腹かかえて泣いてます。

名古屋・川崎・清水・鹿島・愛媛・・・
450分も戦って、拾い物のPKひとつ・・・

夏場、国際試合を戦ってきたツケが今回ってきているのでしょう。
なんだか変な戦い方でその場をしのぐようになってます。
小手先だけのファイト。
腰が引けて、猫パンチしか出せないような試合をしていては、

サッカーの神様だって怒ります

んで怪我人や累積を変えるだけで、
ほとんどメンバーをいじらなかったツケともいえます。
異常に多い怪我人とその怪我をだまして使われる選手。
はっきりいってスタメンとサブの力の差がつきすぎです。
オジェック采配の暗黒面がここに来て吹き出しているわけです。

愛媛戦
ワシントン・ポンテの温存はわかります
相馬・内舘・岡野・ネネ、
疲労の少ない選手を使ったのもわかります
でもコンビネーションが取れなかったのはオジェックの指示の問題。
交代選手にいたってはもう妖星さんには理解できません。
勝ちたかったのか、温存したかったのか
あれがわかるのは、きっとお偉いFIFAの技術委員だけでしょう。

FWは両サイドに開くことが多く、サイドの選手の邪魔
疲れたトップ下は視野が狭く、ボールを持ちすぎてうまく展開できず
左サイドはあがったまま戻れず、そのスペースを突かれっぱなし
疲れてない方のボランチは相手に寄せることもせず、なぜかボールから逃げ回る
疲れた方のボランチはその穴埋めのためにスペースを埋め、
そのまた空いた穴を右サイドが埋め、
うまく埋まればいいものの、
穴だらけになった中盤で相手にボールをつながれる
サイドに開いたFWの真ん中に走り込むのはCB
CBの空けた穴に走り込むのは敵FW

ボールは動くけど動かない選手たち
決めるときに決めないで、
自ら決定機を外しまくって、
運動量の少なさからだんだん相手のペースになって
まあうまく行かない時ってのはそんな悪循環なのかな・・・

働けないベテランに引導代わりのカップ
まあ功労者ですから、このくらいの代償が必要だったんでしょう。

・・・皮肉にも切れのない妖星・・・

んであれだけ活躍した大山と近藤も、
オジェックの元ではサテライトなんでしょうね

・・・皮肉が単なる毒舌にしか聞こえない妖星・・・

オジェック、代表にくれてやれば良かった(しみじみ)

・・・やっぱり毒舌まで寒い妖星・・・

天皇杯決勝のチケットが無駄?
ちげえよ!
アコたち、なでしこの晴れ舞台を見るために買ったんだよ!

・・・もういいや・・・

皮肉って言えば、
最後の選手挨拶の時、
拍手をしていた西側の人たちこそ、
最高の皮肉屋だと思ってしまいました。
いや昨日の西側は太鼓ばかりが響いていた(涙)

と言うわけでとりあえず言いたいこと言ったので切り替え!

酔いどれさんと妖星さんのツボ
「美白の主審」
ありえねえ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

冬の失速、浦和って奴は…【浦和レッズ】07天皇杯4回戦愛媛FC戦の戦記 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる