赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪奇大作戦【浦和レッズ戦記】08J第3節A新潟戦

<<   作成日時 : 2008/03/31 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「おまえ、どこで何やってんだよ!」
まったく予想がつかなかった闘莉王のボランチ。
まあ「四の五の言ってないでやってみろ!」っていう、
ゲルトの愛の鞭でしょうか?
やけくそとか放任で無いことを祈ります(笑)

んで、その闘莉王、
前半30分くらいまでは何をやりたいかよくわからない状態でしたが、
細貝が献身的にフォローしてなんとか形に。
後半はもう10年来ボランチをやっているような顔してましたね。

ゲルトの奇策「怪奇大作戦」の始まりは、
不調の坪井を下げて堤をCB起用、
闘莉王のボランチ
誰もが驚く怪奇な選手起用じゃないですか。

そして前監督時代には絶対無かった、
柔軟な?選手交代
○「啓太」に代えて「細貝」
こりゃ策というよりも怪我による対策ですが、
そのままボランチの位置に細貝をいれただけ。
闘莉王のボランチには手をつけないところがすごいです。
○「みうみう」に代えて梅崎、
てっきり暢久とばかり思っていたら、
「みうみう」でした。
う〜ん、頑張ってるのはわかるんだけどなあ。
なんとなく「みうみう」がご機嫌斜めなのもわかる気がします。
ナビスコで絶好調だった梅崎ですが、
やはり代表と掛け持ちではスタミナ不足ですね。
○「平川」に代えて「岡野」
前の試合結果が出せなかった高崎にこだわることなく、
さっと岡野を出すところなんて、
ゲルトの柔軟性をしたたかさを感じます。
露骨に守備固めをすることなく、
ベテラン投入で攻めながらリスクを回避する技。
高等テクニックですが、あやうく自滅気味(笑)

これでゲルトが指揮をとって、3試合で7得点。
うん、去年の何試合分って言えばいいんでしょうね(笑)

「怪奇大作戦」、
現時点では結果を出したのは事実ですから、
認めざるを得ないんですが、
でもせっかくの阿部がまたCBじゃもったいないですね。
ますますCBの補強が待たれるところではあります。

得点は相馬・闘莉王・永井
相馬も好調さを引っぱって見事な得点でしたし、
一番点を取らせてやりたかった永井も得点しました。
相馬の「あざっす」はまあ相馬のことだからしょうがない(笑)とはいえ、
永井の「チームを引っ張る自覚と自信」に満ちた笑顔は、
男が見てても惚れ惚れします。
闘のはまぐれかな?

気がかりなのは先発を外された坪井と途中で交代させられた「みうみう」
坪井はおそらく心の病ですから、
少し外から見てみることで回復する可能性が高いと思います。
問題はすでに「造反」扱いされる「みうみう」
我慢して使えるほどチーム事情は良くないだけに、
しょうがないのでしょうが、
ここで安易な妥協をしないのがゲルト流。
他の選手の志気を鼓舞するための交代かもしれません。
しかし新潟サポが言うように「みうみう」がフィットするのは夏頃からなんですかね。
その前にいなくなりそうな予感すらしてきましたが(苦笑)

さあ、これでようやくJリーグが開幕した気分になりました。
雨の中闘った妖星さん、
「We are Diamonds」を歌う声が心なしか震えていましたが、
決してそれは雨のせいだけではなかったと思います。

〔2008・3・30 J第3節 アルビレックス新潟 ○3−0 (埼玉スタジアム)〕

終わった後、新潟サポと懇親
外人のフィット待ちは共通の悩みですね。

そうそう、私事ですが、このたび会社を変わる事になりました。
当面の間ブログの更新が滞ることがあるかもしれませんが、
ご容赦ください。
ではまた。

闇を引き裂く〜あやし〜いい、悲鳴!
O40の世界ですねえ(笑)
DVD 怪奇大作戦 Vol.1
DVD 怪奇大作戦 Vol.1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

怪奇大作戦【浦和レッズ戦記】08J第3節A新潟戦 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる