赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 両刃の剣「Tシステム」【浦和レッズ戦記】08J第8節京都サンガ戦

<<   作成日時 : 2008/04/27 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

闘莉王のボランチ、
妖星さんは「Tシステム」と呼んでいますが、
この「Tシステム」、
破壊力は抜群ですが、両刃の剣とも言えます。
まずはスピードに制限がでること。
そして闘莉王の運動量に限界があるため、
ダブルボランチの片割れにかなりの負担がかかること。

京都戦、
前半はその「Tシステム」のマイナス面が著明に出てしまいました。
京都の早いプレスに手を焼き、
守備陣が押し込まれたときに、
細貝が守備ラインに吸収されてしまいました。
パス&ゴーの基本動作がないので、
効果的なワンツーなど期待できず、パスは出しっぱなし。
また闘莉王のフィードが苦し紛れになりがちで、
高い位置でパスカットされて、
カウンターからピンチを招くことがしばしば。
もっとも前半、相手の運動量に翻ろうされ、
出しどころがなかなか見つけられなかったこともあります。

本当はサイドやFWがもう少し動いてやればいいだけなんです。
今の浦和はなかなかそのスペースを作る動きができません。

その負担が守備陣にかかってきて、
慌てふためいて前線に放り込んでしまう。
FWの3人に任せた分業サッカー。

その忌まわしい流れを変えたのは京都田原の一発退場。
一見、あの報復行為だけに目が行ってますが、
妖星さんはそうは思いません。
それまでに再三、ゴール前でやりあってました。
その中での田原の態度が主審に先入観を与えた可能性が高いと思います。
ハードに当たった阿部にイエローが出てもおかしくないプレー。
でも実際は田原のレッドだけ。
田原に対する心象が悪かったとしか言いようがありません。

でも、それは浦和にとってはチャンス。
京都が修正できないうちに永井のパスに、
高原が反応して、
ちょっとラッキーなトラップを大胆に叩き込んで先制。
高原の初ゴールが飛び出して、
他の選手も肩の荷を降ろしたというか、
呪縛から解き放たれた感じ。
こうなったら完全に浦和のペース。
高原・闘莉王と持ち味を十分に発揮して、
終わってみると最多の4点。
相手が1人少ないと勝てないジンクスを払拭する大勝となりました。

しかしマークがゆるくなると、
とたんに攻撃力を発揮する「Tシステム」
得点もさながら、シュート数5本はチームで一番でした。

でも正直言うと、京都にすっきり勝った印象はありません。
あの前半の不出来がどうも今の浦和を象徴しているような気がしてなりません。
あの閉塞感を自分たちの力だけで打破することができなければ、
この先かなり辛くなって来るでしょう。

いずれにせよ「Tシステム」、
浦和にとってエクスカリバーになるうるかどうかわかりませんが、
まだまだ叩きなおす余地はありそうです。

ところでゲルトの誕生日。
その意気に答えた闘莉王とチームの選手たち。
前監督とどうこう言う気はありませんが、
ようやく一体感が戻ってきた感じがします。
勝利への必要条件のひとつ、
チームワークと団結力。
クリアとまでは行かないまでも、
いい雰囲気になりつつある証拠でしょう。

それから妖星さんの要請に答えて、
山田直輝を出してくれたゲルトには感謝します。
17才。
まだまだ少年のような風貌ですが、
長谷部や啓太がデビューした頃を思い出しました。
すくすく伸びて欲しいですね、身長も(殴)

(2008・4・26 J第8節京都サンガ ○4−0 (西京極))

田中コンビに山田コンビ・・・
コント「山田君と田中君」
チビ山田とチビ田中
そのうちネタを考えよう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

両刃の剣「Tシステム」【浦和レッズ戦記】08J第8節京都サンガ戦 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる