赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな巣箱を飛び出してさ!【浦和レッズ】浦和チケット騒動を歌う

<<   作成日時 : 2008/09/01 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

想像してごらん。
もし貴方が普通のレッズサポで、
次の駒場の試合はぜひ見たいと思ったんだ。

いざ一般販売でチケットを買おうと思ったら、
「一般販売でレッズ側のチケットは売りません」
確かに駒場のチケットは数が少ないけど、
でも今まではなんとか一般販売で入手してきたんだ。

でも残念ながら「今回はビジターの出島だけですよ」

悲しくはありませんか?
シーチケを持った客と特別な客だけにフロントがサービスして、
一般販売で自分のチームのチケットを販売しないなんて・・・

もし貴方が普通のレッズサポなら、
こんなフロントを信じていいのでしょうか?
こんなチームを愛していけるのでしょうか?

だからボクは歌います。


もっと大きなところで闘おうよ。

他サポを脅迫者に仕立て上げる小心な人、
味方のファンすら疑う猜疑心に満ちた人、
そんな人でも小さな巣箱に入れば安心かもしれない

でも、小さな巣箱から飛び出してさ、
もっと大きなところで闘おうよ。

誰もが感動する闘い
それをもっともっと多くの人が見られるようにね

埼玉スタジアムだってでかいし、
国立競技場だってでかいし、
富山でやったことだってあるじゃないか

もっと大きなところで闘おうよ

選手とサポがともに闘う美しさを、
もっともっと多くの人に見てもらおうよ

小さな巣箱から飛び出してさ

僕らのプライドは闘う場所じゃなく、
どうやって闘うかってことだろう?


幸いなことに、
まだボクの浦和はこんな情けない歌を、
歌う必要はありません。

だから想像したことは忘れてもらってかまいません。

誰もが見たい時に、普通に試合を見ることが出来る。
確かに努力は必要かもしれないけど、
早くから決断しておけばほとんどのチケットは手に入る。
そんな世界がまだ浦和には残っているのですから・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
勘違い。
恥ずかしい。。。
2008/09/01 22:57
浦和サポさんでよかったですね。

でも、巣箱は大きければいいってもんじゃないと思うのですが・・・。
まあ、これは主観的なことなので、どんな巣箱にもよりますが。

どのチームでも共通だと思いますが、シーチケも持っているだけじゃ意味ないですよ。実際にスタジアムに足を運んで応援することが大事だと思います。
シーチケ持っているだけで特別扱いしてくれるチームがあるんですか?私もお目にかかりたいものです。
シーチケに払うお金以上に、スタジアムで使う応援のエネルギーの方が価値があると信じたいものですが。
とおりすがり
2008/09/02 01:15
栗鼠者のちょりす☆と申します。
まずはじめに夜分に突然お邪魔する無礼をお許し下さい。

さて、大変魂のこもった力作、拝見させていただきました。

まず、すでにコメントされたお二人のおっしゃる
「シーチケ持っているだけで特別扱い」について。
これは特に悪意のない単なる勘違いだと個人的には思っています。
Googleなどの優れた検索エンジンを入手して調べていただければ分かることですし、
私だって他所様の仕組みを丁寧に調べることはないからです。
だからこんなところで揚げ足を取ることに何の意義を感じません。
もうまんたい(何故か変換できません。。)

また「他サポを脅迫者に仕立て上げる小心な人」
「味方のファンすら疑う猜疑心に満ちた人」とおっしゃるのも、
結局鏡の中のファクトレス♪な水掛け論になるのであえて触れません。
私も世界人類皆兄弟のピースフルな世界が実現すると良いなぁと、
路傍の碑を見るたび祈っています。
目下は力に物を言わせる大国ロシア相手に、
非常に不利な戦いを強いられているグルジアの方々のことが本当に心配です。。
ちょりす
2008/09/02 03:09
ここまで前置きで長くて申し訳ないですが、
その次にある「小さな巣箱に入れば安心」という根拠なき暴論について。
例えここが貴方の私的なスペースであるとしても、
「ファクトレスなのは水掛け論」といった舌の根も乾かぬ内にぃ〜まったくぅと思われても、
決して見過ごすことは出来ません!
なぜなら、貴方の発言は我々のクラブを侮辱しているからです!!
この意味はぜひ自分で考えていただきたいです。なるべくGoogleなど用いずに。

ファンやサポーターとしてのクラブへの関わり方は色々ありますし、
貴方が何を一番大事にしておられるのかは分かりません。
ただ、私は大宮アルディージャのサポーターとして、
このクラブのことを常に一番大事に考えたいと思っています。
なぜならクラブは地域に根差した存在であり、
我々家族の住む大宮に光を与えてくれる存在でもあり、
一方で我々が大宮の誇りとしてシンボルに掲げるべき存在である、
と考えるからです。
ちょりす(続き)
2008/09/02 03:10
「僕らのプライドは闘う場所じゃなく、どうやって闘うかってことだろう?」
というのもモチロン否定はいたしません。

ただし、答えというものは常に一つとは限らないのです。
現に私のような考え方をしている人間がいますので。
さらに、それならどちらか白黒付けようというのもまたナンセンスなのです。
なぜなら答えというのは他の条件に独立して存在することが出来ないからです。
例えば最初に大宮アルディージャが存在して、
浦和レッドダイヤモンドが遅れて設立されていた場合、
私と貴方は今頃どのような会話をしているでしょうか?・・・想像してみて下さい。

答えが一つではない。
それはまるで、さいたまには浦和があるのに大宮もあるようなものだと思います。
もちろんあくまでも原理主義にこだわって、
力尽くでこの「もう一つの答え」を葬り去ることは可能かもしれませんが。。。
残念ながら歴史とはそのような悲しい出来事の繰り返しですし。
ちょりす(最後)
2008/09/02 03:11
ただしどんなに私の住むこの世界が悲しみに満ち溢れていて、
どんなに心がくじけそうになっても、
私は自分が誇るべきものを持つことが出来た人間として、
他人が誇りにしているものにも敬意を払いたいと思います。
もちろんまだまだ未熟者ですので、
今後もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

以上、やや長くなりましたが、有難うございました。
ちょりす(こちらが最後でした)
2008/09/02 03:11
今度の駒場は一般分はゴル裏と出島しか売らないだろ。おまえらも。
あほか
2008/09/02 11:58
浦和の話に何か?ってすっとぼけとこうと思いましたが、ちょりすさんの本文より長い?(笑)コメントを見て、ちょっと感じることがあってレスします。
妖星
2008/09/02 21:31
恥ずかしい。さん、勘違い?何が?
コメントが勘違いなんじゃ?

とおりすがりさん、シーチケの件、最初はよくわからなかったのですが、他のブログの書き込みで納得しました。シーチケホルダーでもスタジアムに来てポイントをためて初めて効果があるということですね。
それはいいアイディアだと思います。
浦和の場合はシーチケをばらして転売する不届きモノもいます。
そのくせ権利だけは要求する・・・
その方法だとそういった輩は排除可能ですから、見習うべきやり方かもしれません。

ただ浦和のシーチケ、12000枚(駒場シーチケ)。

なかなかシステム的に管理するのは難しいかもしれません。

でも提案してみる価値はある内容かとおもいます。

浦和のチケットがばらされてヤフオクなんかに出たり、優先購入券が高値で取引されるのをみると腹がたちますから・・・

妖星
2008/09/02 21:38
ちょりすさん、正直言って、ちょりすさんの考え方を否定するものは何もありません。自分がサポートするチームを誇りに思う。当たり前だと思います。

ていうか、妖星の考え方。
今回のエントリーもそう、以前のエントリーもそうです。
サポが選手がどうこうと言うより、フロントの未熟さ、傲慢さ、学習能力のなさ、底意地の悪さに腹がたつわけです。なぜそう思うのかはここでは書けません。
だから
他サポを脅迫者に仕立て上げる小心な人、
味方のファンすら疑う猜疑心に満ちた人、
そんな人でも小さな巣箱に入れば安心かもしれない

んな言葉をそのフロントに投げかけた訳です。
それぞれがどういう事例を指すか、それはいつか会える日があったら、お話できるかもしれません。



妖星
2008/09/02 21:51
あほか?どっちが?
妖星
2008/09/02 21:52
連日すみません。今日は短くするつもりです(笑)

纏まりのない話しにも関わらず、わざわざコメントまでいただき恐縮です。。

フロントに対してのメッセージ・ソングだったのですね。ご説明有難うございます。

妖星様のフロントへのご指摘が本当にそうかは恥ずかしながらどちらとも分からないのですが、
私もまた思うところがあったので懲りずに申します。

前から思っていたのですが、レッズはサポが選手と同じ目線に立っており、一方で監督やフロントにはまず責任を果たすよう求めていると感じます。
WE ARE REDSという言葉はこの一体感を見事に表しており、素晴らしいと思います。

一方アルディージャのサポは、フロントも含めクラブの全てをまるで我が子のように見守っている感じがします。
我々の暮らす大宮に、愛すべき可愛いクラブを授かった!という感じです。
チャントにもそんな感じの取っておきがあります。

近くにあるのにこんな風にいろいろと違いがあるのは、本当に面白いと思います。
ちょりす
2008/09/02 23:55
その辺りいつか話し合えればいいですね。妖精もリスもなかなかお目に掛かれませんが(笑)
ではいつの日かまた。
ちょりす2
2008/09/02 23:57
ちょりすさん、一言だけ

誰がティンカーベルじゃい!(笑)
妖星
2008/09/03 21:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

小さな巣箱を飛び出してさ!【浦和レッズ】浦和チケット騒動を歌う 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる