赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS ダダ漏れた奇策のはて【浦和レッズ戦記】08J第29節V神戸戦

<<   作成日時 : 2008/10/20 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

別に神戸をバカにしたわけじゃないですよ。
浦和の苦手とする4バック。
あまり勝てない相手。
大久保にちんちんにやられた思い出・・・

いや本当に必死に闘わなきゃいけない相手。

だけど浦和は2兎を追って、闘っていかなきゃいけない。

そしたら水曜日、相馬・細貝・都築の出場停止、
怪我の選手、
代表で疲労困憊の選手、
そういったことをいろいろ見据えた上で、
神戸戦に望んでもいいと思ってました。

だから暢久の左起用は若干の驚きはあれど、
でも試してみるのはあるかもしれない・・・

だけど問題は、その奇策が、なんでマスコミに漏れて伝わるのか・・・。

奇策は秘密にしておくから奇策なんで、
ダダ漏れてしまえば対策なんて簡単に打たれてしまいます。

左足でクロスを上げられない選手なら、
中に行かせなければ良い。

案の定、暢久は縦へは行かせてもらえますが、
内側へのラインを切られ、
あげく得意の右足に切り替えたとたんにボールをさらわれる。
完全に神戸DFに読まれ、マークされてしまいました。

まずひとつは、
非公開練習しているはずなのになんでそれがダダ漏れてしまうのか。
いったい誰が漏らしているのでしょうか。

んでもうひとつの問題は、
その修正が試合中にできないこと。

神戸戦の暢久の出来なら、右サイドに移して、
のびのびやらせれば逆に大久保を牽制できたでしょう。
左サイドは梅崎がいい仕事をしていたじゃないですか。

三番目は失点前のシーン。
セットプレーのチャンスの時、
ゲルトは闘とアベユキに上がるように指示しました。
ただその時、ディフェンスの指示もなく、
約束事があったのか、
平川が漫然と戻っていっただけ。
啓太と坪と、おっとりと戻っていった平川。
まるで浦和の意思の疎通の悪さを見透かすかのような見事な攻撃。

ゲルトの奇策はダダ漏れのうえ、簡単に読まれ、
その後の修正もできず、
選手間でもすでに自分たちで勝つための意思疎通ができないありさま。

いや、紙一重の勝負をしているかもしれません。
でも今の浦和はここ数試合の戦績が示すとおり、
残留争いをしていてもおかしくないチームに成り下がっています。

問題はそれを自覚して闘っているかどうか。
ありえない幻想を根拠もない幻想を抱きすぎていないかということ。
紙一重の一枚分を引き寄せられないことを、
運のせいにして逃げてないかということ。

・・・リーグ戦がほとんど絶望的になってきたことに悔しさをにじませるサポーター。
うなだれる選手。
「妥当」と言い切る監督。
何も手を打てないフロント。

それぞれの責任はまた終わった後に考えるとして、
とりあえず水曜日はラストかもしれない浦和のチャンス。

もう一度見届けに行きますか!

それとも見捨てて、ついでにサポートも止めますか?

〔2008・10・18 J第29節 ヴィッセル神戸 ●0−1 (埼玉スタジアム)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
暢久の左は試合2日前(前日?)に埼玉新聞に普通に記事がでてたんだと思います。
バレるもなにも、ゲルトがしゃべってんじゃないですか?

2008/10/21 01:55
こんにちは。
僕はJ発足時からの浦和ファンです。
住まいは浦和より北ですが・・・。
弱かった時代のレッズサポはとてもあたたかったですよね。
時には過激なところもありましたが。
多分ですが、浦和サポがここまで厳しい目で批判を始めたのは、念願のタイトルを手にしてからじゃないかと・・・。
仕事が忙しく、ろくに試合も見れなかった自分ですが、浦和レッズがどうなっていこうと、ずっと応援はやめません。
まだまだ先はありますから。
長〜い目で!!
田んぼの田
2008/10/21 16:42
南さん、マスコミに流れることがおかしいんですよね。練習を非公開にする意味ってなんでしょ?
もしかしてうるさいサポーター対策(殴)
ゲルトがダダ漏れの原因なら、やはり資質がないってことでしょう。

田んぼの田さん、弱かった時代のサポは暖かかった。たまにそういう人を見かけますが、妖星はそうは思いません。
スタジアムが小さかった分、辛らつな意見が直接選手に届いてました。
雨の中、相手の応援をはじめたり、
旗ざおからすべて旗を取り去ったり、
試合開始から無言だったり、
バスをとりかこんだり、
ピッチに乱入したり・・・

厳しくなったのは、
取れるはずのタイトルを、
取るために自信たっぷりだったはずなのに、
進歩というよりはむしろ退化のきざしばかり見せられて、
あげくのはてにすべてのタイトルを取れそうにない現実が目の前にあるからでしょう。

その目標はチームも選手もサポも共通の目標だったはずですから。
妖星
2008/10/21 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

ダダ漏れた奇策のはて【浦和レッズ戦記】08J第29節V神戸戦 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる