赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 【浦和的戦記】窮すれど鈍せず、ただ闘うのみ(第3節磐田戦)

<<   作成日時 : 2009/03/22 19:22   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

エコパは遠い(笑)

新宿発のバスツアーに乗ったのは前の日記にあげたとおり
まあ、東名の渋滞さえなければ、普通は大丈夫なんですけどね。
ただトイレ事情もありますから、かなり行動は制約されます。
ふふふ、やっぱりお酒はほどほどに。
ね、よ○どれさん(笑)

エコパは嫌いなスタジアムではありません。
お仲間が苦労して席取りしてくれるから、
そんな悠長なことが言ってられるのかもしれませんが、
結構サイスタに似た空気を持っている気がします。

試合開始前に「普通じゃないカレー」を食し、
いや某○かはしさんが豚足苦手とかで、
「普通のカレーください」なんて言うモンですから、
豚足好きな妖星は
「普通じゃないカレーください」

でも、ジュビロサポ、なんであんなに少なくなったんでしょうね。
外の売店でも並んでいるのは赤い人
スタンドでも空席が目立つホーム側
昔はもっと人がいましたが、
お互い弱くなったらダメなんですね。
きっと第2節のガンバ戦のほうが、
水色の人、多かったんだろうな(笑)


さて試合です
あまり良く見えてないのですが、
前半は結構ボールを支配しているように見えました。
ただ、持たされている感もチラホラ・・・

そうそう、失点の時ですが、
そのちょっと前に、
駒野がスローインにやけに突っかかってくる場面がありまして、
んで最後にボールカットする振りをして、
細貝の脚を削ってきたんです。
「ああ、あの代表の駒野が・・・」
おもわず妖星さん、考えましたよ
「窮すれば鈍ず」
あの駒野でさえ、
あんなプレーをするようになってしまうんだ・・・
日本代表の矜持はどこにいっちゃったんだろう

でもそんなことを考えていたら、
目の前にぽっかりと三角形
そこにボールがぽとりと落ちて、
いち早く反応したのは水色の選手
啓太(ポンテだと思ってました)と暢久とツボのお見合い
もし責任を論ずるなら、
間違いなくDFとしてゴールを背負う坪井。
だけどそんなことはどうでもいいくらい、
ぽっかりと空いた空白の時間。

仮に44分攻めていても、1分で負ける事だってあります。

あの時のあの時間、
チャントをしながら別のことを考えていた妖星に
選手を責める資格なぞありませんが、
漠然と攻め続ける危険性
鹿島戦の教訓としてどう活きたんでしょう

んで試合中、
両手に京美人のYどれさん、
「ステレオで京都弁が聞こえてくる」
「もう京都遠征する必要はない」
いや、それ、絶対的に間違ってますから(笑)

後半は浦和サイドに向かっての攻撃
目の前で「ポロリ」をしてくれることを期待していたのですが、
ジュビロDFがラインコントロールして、
なかなかスペースを作ってくれません。
前線2人の連動性がなく、
達也に到ってはスペースをつく、
持ち味すら出せず。
川口はむやみに飛び出して、失笑をさそうものの、
ポロリどころか、それを誘う危険なパスやセンタリングも見られません。

ボールをさばくはずのポンテや、
ゲームをつくるはずのボランチが、
むやみにボールを持たされ、
DFとボールを回させられている状態って、
去年、嫌って言うほど見てきましたから、
「このまま行ったら危ない」
まじめにそう思いましたよ。

いや、去年なら、このままずるずる行ってたでしょうね。

ただ今年は・・・
萌のセンタリングに、川口が飛び出し、
エジが交わしてのヘッド。
昨日に限っては川口唯一のミスがそのまま浦和の得点になりました。

え?偶然のミスを待ってちゃいけない?
いや、狙い続けたエジの粘りがちでしょう。

確かに勝てなかったのは悔しかったですが、
でも曲がりなりにも同点に追いついたのは、
わずかにでも進歩しているってことだと思います。

エジ・高原が劣化2トップだったのは去年の話
今のところエジはかなり攻守に効いています

監督がどうシステムを考え、
どう強化・修正していくか、
なるべく早くその成果を見たいモンですが、
まだまだ3試合始まったばかりでの結論は拙速すぎでしょう。

「窮すれど鈍ぜず、ただ闘うのみ」
今年の目標に向かってただ闘っていきましょう。

さて帰り。
負けたわけではないので、
お通夜になるはずもないのですが、
バスが大渋滞に巻き込まれ、
2時間ほど遅れたにもかかわらず、
みなが落ち着いて帰って来られたのは、
バス旅になれた皆さんと、
hiwaさんの心配り、
あとは90分スタミナが持たない○いどれさんの、
トイレネタ・エロネタのおかげだと思います(爆)

「一人旅は自由。
でも大勢での旅は不自由を補ってあまりある楽しさがある」
そんなことを考えた遠征でした。

そうそう、某男前さん、忘れていてすみませんでした。
んで開幕してからブログあげてないでしょ(笑)
若い選手も増えてますから、頑張って更新しましょうね(笑)

さて読者のみなさんに問題です
「サンドイッチ・ハムサンド」といえば、
誰のチャントでしょうか?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

【浦和的戦記】窮すれど鈍せず、ただ闘うのみ(第3節磐田戦) 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる