赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 【リーグ戦記】CWCの呪いに縛られたチーム同士の差(09JガンバH)

<<   作成日時 : 2009/05/17 19:21   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

どんなに皮肉屋だったとしても、
顕示欲の旺盛なアンチな人だったとしても、
昨日の浦和の出来が、ガンバを上回っていたことは認めることでしょう?

ええ、ただひとりね、
浦和出身で相手チームの袖を通している指揮官を除いてはね(笑)

妖星さん、試合が終わったときは、
あのガンバと互角に戦いをしたことにある意味満足していました。
結果、引き分けでしたが、
試合内容では圧倒していましたから・・・

いくら「勝利で相手を黙らせろ!」(昨日のエントリー)って言ったって、
「内容で相手を黙らせる!」大切さも十分にわかってます

でも後で、某所でVTRを見た時、思い直しましたよ
そう、思いっきり悔しくて、泣き出しそうな直輝や峻季の顔を見て・・・
「選手が引き分けに満足していないのに、
サポーターが満足したらそこでお終い」
若い選手に叱られた気分がします

確かにチームは成長しているし、
あのガンバに対して良く闘った
まるで去年までの浦和とガンバが入れ替わったようだった・・・

・・・いや、でもガンバだったら、
きちんと勝ち点3を取っているでしょう
そういった意味ではまだまだ浦和は発展途上、
あの戦いで満足していちゃいけない
悔しさを持ち続けたものだけが成長を続けることが出来るのだと思います

ACLやCWCを闘うということは、むちゃくちゃ体力を消耗します
連戦による疲れがたまり、
運動量が落ち、
サッカーの質自体が変わってきます
体力を使わなくても済む放り込みや
強力FWにボールを預けたクソサッカーがだんだんチームを蝕んでいきます

今のガンバを見ていると、
かつてのリスクを恐れないパスサッカーが姿を潜め、
ドン引きから強力FWに向かって蹴り出すクソサッカーが主体
もちろん弱い相手には普通にパスサッカーが出来るのでしょう
ただ遠藤・明神あたりに強いプレスが来ると、とたんに省エネクソサッカー
レアンドロ・チョジェジンという強力すぎるFWを抱えるがために陥る罠?
いや慢性疲労が引き起こした戦術不良もあるのでしょう

かつて浦和が陥ったワシントン頼み、
個人技頼みのサッカーをガンバが蝕んでいます

なら今の浦和には十分勝機があったはず
それを痛切に感じているのが、
かつてのガンバをあまり知らない直輝や峻季なのでしょう
名前に捉われず、力をぶつけ合った者だけが知る力の差・・・

勝ちたかった
勝たなきゃいけなかった

やはりそんなゲームだったんだと思います

さて昨日、
妖星さん、主審の名前を見ずに参戦しました
概ね公平で無難な笛を吹いていたと思います
バック側の副審がかなりダメダメでしたが、
それを逆に主審が補っていた気がします

ただ直輝に出したイエロー
両手を広げて抗議したことに対する異議なんでしょうか?
「異を唱えるものはすべてイエロー」
王様的なカード・・・

きちんと覚えておきましょう
「主審佐藤」と聞いたら選手に異議を唱えさせてはいけない
選手の異議は「浦和レッズコール」でかき消しましょう
もちろんサポーターのブーイングも絶対逆効果になるタイプです

CWCの呪いを脱出したチーム
CWCの呪いに苦しむチーム

ナショナルダービーの決着は万博に持越しですが、
障害は「インフルエンザ」ですかね(笑)

〔2009・5・17 vsガンバ大阪 △0−0 (埼玉スタジアム)〕

この勝ち点1はそれほど尾を引くことはないと思います
むしろ勝利に対する貪欲さが芽生えたこと、
ロビーや達也の怪我をセルや直輝や峻季や元気が補えることがわかったこと、
シュートの大切さ、相手を崩すためのパスの大切さがわかったこと
失った勝ち点2以上に得ることが大きかった闘いだったと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも興味深く拝見しております。
確かにフィンケも言及しているように、公正な笛でしたね。
もう少し、ホールディシジョンがあっても。。と思わないでもなかったですが。

直輝への黄紙は相手フリーキックのボールを持って
しまったこと(遅延行為)に対するものだと思いますよ。
直輝自身も「触ってしまったので。。。」と某所で
コメントしてましたから。
ぽん
2009/05/17 20:17
浦和はいいサッカーしてましたね
こちらとしたら勝ち点1で妥当な結果でした
故障者が戻ってきてからの再戦が楽しみです

ナショナルダービーにふさわしい試合になるといいですね
ガンバサポ
2009/05/17 20:31
ぽんさん、こんばんわ。直輝のイエローはそうですか(笑)
カード出された瞬間は見てませんが、VTRではフリーキックの判定の直後、両手を開いて抗議したのと、イエロー直後に直輝の口が「なんでですか?」ってな感じで動いていたんで(笑)
妖星
2009/05/17 21:49
ガンバサポさん、こんばんわ
浦和とガンバはJリーグ開幕戦で闘って以来、リーグのお荷物と言われながら、切磋琢磨しながら共に強くなってきた間だと思います。
妖星個人としても、
某チームのようにガシガシと汚くやってくることもなく、
某チームのようにこずるく審判を欺くようなこともしてこないチームなので、
サッカーを楽しみ、戦術と個人技の応酬が楽しめる相手だと思っています。
(中沢だけは鹿系だと思いますが・・・)

また適度に監督が雰囲気を盛り上げてくれ(笑)、モチベーションを保つこともできます。

これからもCWC3位を経験したチーム同士、お互いをリスペクトして、闘っていければいいんじゃないかと思います。

だからサポ同士の喧嘩、これはどちらのスタジアムでも願い下げですね
妖星
2009/05/17 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

【リーグ戦記】CWCの呪いに縛られたチーム同士の差(09JガンバH) 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる