赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS あんたは浪花のキレキャラか?【浦和レッズ】レディース&ヤングメン2

<<   作成日時 : 2006/10/30 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

浦和レディースとサテライトの試合。
先週の熊谷に続いて東松山での開催です。
レディースは上位4チームによるプレーオフ。
妖星さんの観戦はこれで2試合目になります。
だんだん癖になりそうな面白さです。
25番のレプリカをきたタブルおやじチームで観戦。
赤星2トップスです。


試合はCKの競り合いの中から、田代が決めて結局それが決勝点。
放送は高橋彩子だったのですが、ハーフタイムに修正されました。
展開的には地力の差が見え隠れ、
ボールポゼッションも浦和のほうが優位で、
なんどか際どいチャンスをつかんでいました。
湯郷Belleのほうは17番の長身の田中静佳が1トップ気味に張っていましたが、
あまり浦和のDFが仕事をさせませんでした。
高校女子バレーボールにはまっていた妖星さんとしては、
170cmで「かわいらしい」選手というのはなんとも魅力的で、

つい目で追ってしまいます。
んで妖星さんのもうひとりのお勧めは、9番中田麻衣子。

敵ながらあっぱれのおでこととても賢そうな口元。
最後は双眼鏡で見とれていました。
・・・なにしに行ったんだ?
まっ、党首も北本も出なかったからそのくらいいいでしょ?

ちなみに飯を買いにグランドをくるっと回ったら、
選手バスの脇で湯郷の選手たちが普通にストッキング脱いだり、
ストレッチしたり・・・
そんな姿に萌〜!ってしまった親父は、
いけないオヤジでしょうか?

サテライトはアップ前から話題満載、抱腹絶倒の嵐です。
レディースの試合途中に、選手バスが到着。
荷物を両手に抱えたウッチーだとか、なんだか音楽聴きながら登場の都築だとか。
後ろのご夫婦がそのつどご報告(否応なしに聞こえてきます)
集中してレディース見させろってーの・・・
って双眼鏡でか?

何人かの選手は仲良くレディースを観戦していたようで。

GKの加藤順大がなぜかフィールドプレーヤーのストッキングでトレーニング。
ビジョ軍団に「順大の1トップだよ!」なんぞと茶化され放題。
画像

通路を行き来する一般人にガン見され続けた、サテライト名物のげーふら。
一番右はYさんの「カニ」イラストつき。

しかし微妙な顔の隠し方(笑)

周辺には先週の「11屋」決起集会でご一緒したOさん、Nさん、Mさん、Pさんたち。
駒場・熊谷・磐田・東松山、連日ごくろうさまです。

んで、檻の中の猿パフォーマンスで本当にフェンスを壊したベガサポ。
シミサポに注意されショボン。
だけどレッズサポからアンコールがかかって、
またやりましたね。
今度はフェンスに触れないようにして(笑)
あの猿パフォーマンスのほかには、
横一列のラインダンスパフォーマンスや、
押しクラ饅頭パフォーマンスもあり、
とても楽しませていただきました。
ときどきハアハア息切れしていたのはご愛嬌ですね。

天皇杯の調整を兼ねていたんでしょうが、
闘莉王・内舘・酒井・都築がスタメン。
さすがに闘莉王が入ると最終ラインもピリっと締まって、
大宮戦や札幌戦のようなことはありません。
近藤君もいつもよりは楽にできていた様子。

しかし最高に笑ったのは都築龍太の声。
「ボール見てけや!」「カニ、戻れ!」なんて言っているのは良いほうで、
妖星的にツボだったのは、
相手をマークする赤星に、
「赤星、左!左行け!」
思わず、赤星が左に行ったら、真ん中を抜かれて一言
「赤星!ちゃう!相手に釣られんな!」
いや、あんたの声に釣られたんでしょうが!

んで、レッズの選手が痛んで倒れたとき、
審判はプレー続行。
そしたら相手に向かって
「おら、ボール出せ!出せよ!」
ちょっと口調がやばかったので審判が注意に駆け寄ります。
「んだよ、よー見とかんかい、われ!」(推定)
んでイエローカード。

闘莉王すら凌駕し、
他の追随を許さないリョウタワールドを堪能させていただきました(笑)

守備陣は圧倒的な力で安心して見ていられたのですが、
攻撃は中盤から効果的なビルドアップができず、
赤星を経由するボールがわずか。
赤星からサイドのスペースにボールが出たときには、
チャンスにつながってましたから、
もう少しトップ下を活かすことは難しかったでしょうか?
時として3ボランチに見えてしまいました。
右サイドは岡野が頑張って走り回っていましたが、
昔ほど駆けっこは速くありません(笑)。
左の大山は前回よりは格段によかったんですが、
それでもサイドをえぐることがあまりできず、
攻守のバランスに欠けるチームでした。
若手とベテランの差を埋めるにはどうしたらいいんでしょうね。

あと主審。
熊谷のときと同じような笛を吹く人で、
やたらボールのポイントに厳しい人でした。
アマチュアならともかく、お金をとって見せる試合でもあるんだから、
もう少しスムーズな試合進行を心がけてくれないと。
かなりクソ扱いされていましたが、
どうも前日の高山さんのとばっちりを喰らったかも。
エリア内のハンドを見逃した副審も困ったモンですが、
この副審は線審の仕事しかしてませんでしたからしょうがないか。
しかし「副審!ハンドだろ!」ぐらいならともかく、
かなり口汚い野次が乱れ飛んでいましたね。
中にはウケ狙いとしか思えないようなものも・・・
サテライトとはいえ、どうなんでしょうね。
主審が最後のほう、レッズに厳しい笛を吹いていたのは、
あの野次に反応したせいと思うのは妖星だけ?

んで試合は0−1で負け。

結局サテって何回勝てたんですか?

東松山の芝生の土手はかなりすべりやすく、
頑張って2試合分足で止めていましたが、
なんだかそれだけで疲れてしまいました。
この季節になると枯れた芝のせいで余計すべるんですよね。

さて今回のサテライト、結局、天皇杯の準備試合でしたが、細貝・赤星・近藤・・・
何人ベンチ入りできるでしょうか?

N君、赤☆バッジありがとう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浦和 0−1 V仙台
 で、前座?のなでしこリーグ1部プレーオフが終了し、第二試合。 ...続きを見る
KAMMY'S HOMEPAGE 写真館...
2006/10/31 11:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

あんたは浪花のキレキャラか?【浦和レッズ】レディース&ヤングメン2 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる