赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚醒と崩壊の狭間【浦和レッズ戦記】08ナビスコ京都戦A

<<   作成日時 : 2008/03/23 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

横断幕事件のあった後の大切な試合。

京の八百万の神様に負けないよう、
ゴール裏に鎮座した大達磨と小達磨。

雨の京都で選手たちをサポートします。

選手もそれに答えて、
序盤から積極的に動きます。

いや、前半まではね。
不注意な連携ミスはありましたが、
パスはつながり、
サイドから崩す攻撃の形がしっかりできて、
3点を取ることが出来ました。

懸念されたエジミウソンもようやく周囲とかみ合って、
梅崎のクロスや相馬のこぼれを押し込んで、
ハットトリック。
まあやればできるんです。

梅崎は神戸戦の好調さをそのまま2アシスト。
2点目は梅崎の点でも良かったかな(笑)

そんな中でも、相手のセットプレー、
暢久の中途半端な位置取りが、
相手へのパスになって、
やらずもがなの失点。

でも3−1で折り返したまでは良かったんです。
このまま行けば5−1くらいで行けるかなって思いましたし。

でも後半に入って崩壊したのは浦和のDFライン。
特に神戸戦も不調だった坪井選手は、
今どん底にでもいるかのよう。
パスミス、マークミス、クリアミスのオンパレード。
クリアをゴール前のセンタリングにするようでは、
重症としかいいようがありません。

いくら相手が3トップにしてきたからと言って、
ぜんぜん修復が効かないなんて、
弱い浦和そのまんま。

出会い頭もあったでしょうが、
後半早々に点を取られてからは、
柳沢の突破を恐れて、DFが上がれなくなり、
ボランチの位置がぽっこり開いて、
あとはお決まりの萎縮守備・・・
暢久のいっちゃった表情にも慣れてきました(殴)

せっかく覚醒しかけた攻撃陣を、
なぜか修正が出来ない守備陣が足を引っ張って、
気がついたら3−3の同点。

正直言って、勝って帰ってきて欲しかったです。
それができる状況だっただけに、
残念としかいいようがありません。
乗り切れない浦和レッズ。
まだ病巣はしっかりと残っているんですね。

永井・梅崎・相馬の好調さと、
坪井・堀之内・暢久・都築の不調。
特にDF陣の不調は、メンタル面に起因するような気がします。

高崎・西澤はもっと持てるものを主張して良いかな。

達也は久しぶりでした。
あとは連携と実戦感ですね。

現地組の方、明日は仕事の人も多いと思います。
くれぐれも風邪だけには気をつけて無事戻ってきてください。

さて、
リーグ戦再開まで1週間。
ちょっとしたきっかけで再浮上できるとは思うのですが・・・

代表組・闘莉王が戻ってきます。
ゲルトがどう守備を立て直すか、
お手並み拝見と行きましょう。

んで「洗井場」って選手がいます。l
京都の「アタリバ」がそういう日本人だと思ってたの、
妖星さんだけじゃないでしょ?

〔2008・3・23 ナビスコカップ予選 京都サンガ △3−3 (西京極)〕

なんとなくね、中間管理職の妖星さんですから・・・
はじめての課長の教科書
はじめての課長の教科書

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

覚醒と崩壊の狭間【浦和レッズ戦記】08ナビスコ京都戦A 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる