赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘えることの限界【浦和レッズ戦記】08J第27節名古屋グランパス

<<   作成日時 : 2008/09/29 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「負ける気がしねえ」
んなゲーフラをあげている名古屋サポ。
試合開始前のTVにばっちり抜かれてました。
言葉通り、せっかく「フラグを立てて」くれたのに、
うちはそのフラグを「もの」に出来ませんでした(笑)

「負ける気がしねえ」
まあ、結果的に負けなかったんですけどね。
「負ける気がせんでかんわ」
ご当地言葉でお出迎えして欲しかったな(笑)
(あってる?名古屋弁)

まあどうでもいいんですけどね。
チケットまで用意しておきながら、
行けなかった妖星はどうせ負け組ですから。
負け犬の遠吠えですから。
負けちゃいないんですけどね。

試合はね、
はっきり言って、浦和のいやゲルトのプランどおりですよ。
普段なら・・・
先制したら、後は堅守を生かして守り抜く。

だけどね、
昨日の浦和にはその力がありませんでした。

リーグ戦とACL、んで代表戦。

もう選手たち、ぼろぼろですよ。
前半開始から、パスミス・キックミスの嵐。
一見パスがつながってるようだけど、
競り合いの中で弾かれたボールがたまたま足下に・・・
まあ、実力伯仲と言えば聞こえはいいですが、
体が動かなくて、足がついていかない浦和の選手・・・

あのACL2ndlegの死闘で、
今季ベストパフォーマンスを見せた選手たちとは思えないくらいの格差。

最初は良かったんです。
だけど疲労が選手の足を止めていました。
まあどれだけ疲れてるかってーと、
「後半の立ち上がり」
あれだけわかっているはずの危険な時間帯。
今まで何度もやられた時間帯。
それを忘れて、ぼわ〜と立ち上がってしまうくらい、
疲れています。
え?いつものこと?
いえ、心身疲労の成れの果て。
休みのないスケジュールに蝕まれています。

それでも
「闘える戦力はそろってる」
「まだまだ選手はやれた」

ほんと?

いつパンクするかわからない、
キックすらままならない、
ヘディングすらままならない、
んな選手よりも
今のサブ組は劣るから使わないんでしょ?

病気あけで守りに徹することしかできない、
んな選手よりも
今のサブ組は劣るから使わないんでしょ?

80分すぎからバテバテで歩いている選手。
んな選手より、
今のサブは劣るから使わないんでしょ?

それで戦力はそろっていると言えるんですか?

闘える選手を使わないまま温存して、
んでみすみす落とした勝ち点2。

積み重なる疲労と戦術や選手交代への不信が、
選手の心身だけじゃなく、
チームそのものを徐々に蝕んでいく事になりそうな予感。

現地組の皆さん、ごくろうさまでした。
サポもそろそろ疲労困憊でしょうが、
まだまだ連戦は続きます。

11月3日 駒場
11月5日 サイスタ
11月8日 札幌
11月12日 ウズベク?アデレード?
11月15日 丸亀

13日で5試合、
海外(本州外)で3試合。

闘えるということは、常にベストを尽くせるということ。
妖星にはできそうにない日程です。

〔2008・9・28 J第27節 名古屋グランパス △1−1 (瑞穂)〕

とりあえず昨日のスタメンと選手交代を見て、
みんながぎりぎりでやっているってのを、
理解してない人がチームの中にいるってことを
絶対に忘れないようにしようと誓った妖星さんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
11月の試合日程ですが、
ACL決勝に進出した場合、天皇杯の日程が変わります。
4回戦・・・11/3 → 11/16
5回戦・・・11/15 → 11/26
なので、2週で5試合ということにはならないかと思います。
K.TAKA
2008/09/29 22:00
ああ、良かった。
でも代表選手はやはり16日〜29日の二週間で5試合なんですね(涙)
妖星
2008/09/29 22:11
名古屋弁完璧だでかんわ

2008/09/30 08:00
よ、さん
ほめられてどえりゃー嬉しいでかんわ
妖星
2008/09/30 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

闘えることの限界【浦和レッズ戦記】08J第27節名古屋グランパス 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる