赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ナビスコ戦記】とんでもなく本物の匂いがした(予選広島A)

<<   作成日時 : 2009/03/26 23:20   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

広島10年ぶりの勝利
どの新聞も同じネタで盛り上がっています
でもみんなソースは共同
マスゴミ連中、ほとんど広島には行ってないようで、
まったく勝手なモンです

10年ね。
いっしょのカテゴリーでやってない時期もけっこうなかった?

妖星さん、
ナビスコカップですけど、
浦和某所でパブリックビューイングを決行したわけですが、
某○どれさんが先発席取りしてくれたわけですが、
それやこれやでとても楽しい観戦となりました。

4人の代表組と細貝を欠く中、
昨日のブログにあげたスタメンがどんぴしゃ。
さすがスタメン当てクイズの帝王「妖星」さんです(笑)

試合はまあ開始から一進一退、ほぼ互角のポゼッションでしたが、
FWの質の違いのせいで、
浦和のDFがプレッシャーを受けているような気がしました。

そんな中、やはり中盤のプレスではJ2で鍛えた広島の運動量が優り、
4バック慣れしていない浦和のサイドバックが再三脅かされ、
しのごのやっているうちに、
佐藤寿人のスーパーファインゴールで失点
最終的にはこれが決勝ゴールになってしまいました。

なんだかベテランがのそのそ動いて、昔の浦和がえりするなか、
そんなことはおかまいなしに、
新山田と元気が2人でチャンスを作り出していく。
新しい形が見えた気がします。

妖星さんが感心したのは0−1からの選手交代
普通なら経験の豊かなベテランは残して、
若い選手を入れ替えるでしょう。
ゲルトだったら怪我から戻ったアレを使うに違いありません。

しかしながらフィンケが交代させたのは、
ベテランの啓太・高原・エジ

そして投入したのは赤星、西澤、セル

実績や経験を考えたらとても考えられない交代

若手に経験を積ませるとかじゃなく、
勝利を得るために、必然的に若手を登用するフィンケの戦術、
とてもわくわくしました。

この交代、
中3日での連戦に少しだけベテランを温存する効果もあり、
日曜日の横浜戦に楽しみをつなぐことができました。

しかし問題もだんだん目立ってきました。
SBの本職がおらず、層の薄さは明らかに・・・

古山田と平川、代替の選手がいればいいのですが、
そうでなければ真っ先にてこ入れしないと、
パスサッカーの完成はむずかしいでしょうね。

ということで試合には負けたものの、
原口、新山田、フィンケ、
それぞれにとんでもなく本物の匂いを感じたナビスコ予選でした

〔2009.3.25 ナビスコ予選 サンフィレッチェ広島 ●0−1 (広島)〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

【ナビスコ戦記】とんでもなく本物の匂いがした(予選広島A) 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる