赤き地平より昇る妖星

アクセスカウンタ

zoom RSS Wir Sind Finke!

<<   作成日時 : 2010/12/05 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ご存知の方もおられるでしょうが、不肖、妖星、熱烈なフィンケ信者とか、そういったことはまったくありません(笑)

シュートを打たないパスサッカーにはむしろイライラさせられることもありましたし、攻めていながら、ポカッと点を取られて負ける詰めの甘さには閉口していました

でも従来のカウンターと個人技だけのサッカーでは引いた相手は崩せないし、世界で闘えないことは明らかだったので、なんとか我慢しながらフィンケサッカーの大成を見守るっていう感じが本心でした

しかし、最近の攻めに入った時のパスの流れにかなり兆しを感じ、
来年の楽しみが増えたかなって時にフィンケ退団の話

そんな中でも最初は「フィンケサッカー」を更に進歩させ、
開花させる能力がある監督を呼んでくるならそれでもOKかなとか思ってたくらいです(笑)

でもリーグ戦最後って日に、
14時キックオフと勘違いして、むりむり早起きして、そのまま電車に揺られながら、
二日酔の頭でぼやっと考えたんです

「フィンケさんをこのまま返しちゃっていいのかな」って…

朝のラジオではアンチフィンケの人たちが執拗なネガティブキャンペーンを繰り返し、
ネットでも見るに堪えない書き込みがあちこちにあります

「90%のサポーターがフィンケを指示していない」
そんな間違った情報が本人に伝えられたとか、そんな話もありました

サイレント・マジョリティの無言の支持が、ノイジー・マイノリティの罵声に負けている
少なくとも社長やGMは勘違いしている可能性が高い

3年間を示唆しながらチーム作りを任せておきながら、
2年で結果が出なければ変えるっていうのもだまし討ちに近いものを感じてしまいます

かなり強引で、なおかつ一部の人間の謀略すら示唆される浦和の現状…

「このままではヨーロッパからプロの監督が来ないチームになってしまう」
そういう焦りに似た気持ちもありました

「フィンケさんが帰る前に、真実を伝えたい。もう変えられない決定なら、感謝を伝えたい」

電車が上尾を超える頃、ひとつの考えがまとまってました

幸い、オヤジには布とスプレーを買うだけの金はある
時間を間違えて早起きしたせいで、時間はたっぷりある
それを掲げてくれる仲間もいる

断幕をつくろう!

文面はすぐに考えつきました
フィンケがSCフライブルグを追われるときに、サポーターが反対運動に使ってた言葉

「俺たちはフィンケだ!」
オーストリア・サッカー専用ホームページ

ただそれがドイツ語でなんだったか思い出せなかったんで、ツイッターで「なんだっけ」(笑)
浦和に着いてユザワヤが開店するまでには、
数名の方から「Wir Sind Finke!」ってコメントが返ってきました
「We are Finke!」のドイツ語…
因縁めいたものを感じてしまいます

もうやるしかないだろう(笑)

開店と同時にユザワヤに飛びこんで、布とアクリル絵の具のスプレーを調達

適当に下書きして、下にシートを敷いて、後はスプレーでシュー
製作所要時間約10分(笑)
当日抽選の人が入り終わる頃にはすでに出来上がってました(笑)

他の人の邪魔にならないよう、
掲げるタイミングは某酔いどれさんやふくちゃんたちと相談しながら、おっかなびっくり

実際は、自分の場所は後ろの人がいないので(手すり組はいますがw)、
断幕にゲーフラ棒をつけて高く掲げています
もちろん同時にツイッター仲間から頂いたドイツ国旗も仲間に持ってもらいました

セレモニーの最中はずっとあげっぱなし

45,000人が静かにフィンケの言葉を聞き、
モラスの涙を見守る中で、たった数人の指笛が目立ってしまう
まさに今回の出来事を象徴するセレモニーでしたが、
でも4万を超える拍手と声援に社長とGMは己の間違いに気がついたんじゃないでしょうか?

最後の挨拶の後、場内一周をする際、
「フィンケ!ダンケ!」って叫んだら、
しっかりとこちらを向いて、親指を立てて「よし!」ってサインを贈ってくれました

今回の断幕は、90%のサイレント・マジョリティのうちの0.01%にも満たない声ですが、
気持ちを伝えることが出来て、良かったと思います
もうそう思ったら、なぜか涙が出てきて止まらなくなっていました

フィンケさんには世話になりました
元気も直輝も峻希も岡本も水輝もフィンケさんに育てられ、
これから日本を代表する選手になるでしょう

若手とベテランがのびのびと躍動するチーム
自らボールをコントロールして、相手を崩していくチーム
もう少しでそんなワクワクする試合がいつも見られるようになってきたのに、残念です


ありがとう!フィンケ!
元旦まで共に闘いましょう!
そして願わくば、浦和を嫌いにならないでください!


「 Wir Sind Finke !」




(秘)ユザワヤが移転するのを忘れていて、ユザワヤがなくなってたんで心が折れそうになったのはここだけの秘密です(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
赤き地平より昇る妖星
お気に入りリストを表示

浦和レッズなアンテナ集

Jリーグ好きなブログ集

Wir Sind Finke! 赤き地平より昇る妖星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる